「ディンハオ」タグアーカイブ

ディンハオでベーリーグッド!。 正しき中華をいただきます!。

この店はハダ・ユーージンの八百屋が教えてくれた。その八百屋はモノスゴイこだわりの八百屋で日本に有機野菜、無農薬野菜を広めた一人である。有機野菜、無農薬野菜・・・ナンの危険性にも気が付いていなかった日本人に安全で本当に美味しい野菜をコツコツ伝授。そして、それ作る農家を探して指導。そんな地道な事を20年近くやっている。(※―1)そのユージンカワナ氏がコッソリと紹介してくれたのがこの店なのだ。コッソリはヒトにモノを教える基本である。多分、大声で教えられたら興味がわかなかったに違いない。

ディンハオでベーリーグッド!。 正しき中華をいただきます!。

その店はヒトコトで《誠実》なのである。その誠実さが野菜の仕入れにつながる。ここで波田が何故か自分との共通点を感じて、この店に引かれている理由がわかった。お互いに《誠実》ということである(?)。中華料理全般、日本だけではなくアジア全体、そして世界中の中華料理が某化学調味料に侵されたのは承知の事実であろう。また飲食店は当然にコストとの戦いなのは仕方がないが安全性に疑問がある食材は”人”として使ってはイケナイと思う。以前に残留農薬が基準の数25倍という中国産ニンニクの問題が報道されていたが実際に値段的には10倍以上の差がある。決して主役にはならない材料なのだから経営となったら考えて当然だろう。しかしそんなモノにも美味しい店はコダワルのである。そして実は高価な有機野菜をつかっているとか化学調味量がどうのとかいう事をこの店はイチイチ自慢気に言わないし値段は普通というか一般的価格。

ディンハオでベーリーグッド!。 正しき中華をいただきます!。

店に入ってメニューを見ると実に驚く。すごい量のメニューの品数である。そして独創的な料理が多い事に気付く。主人は厨房にいるが、元々は和食の職人であった。従って決して既成概念を持たない和食と中華との中間的な味付けの料理も多々ある。本当に”得”をした気分になれる中華だ。相当数のメニューを食いまくったがハズレはない。ただ、世間の化学調味料系に慣れすぎていてインパクトに欠ける気もするが、やはり自然な味覚を持ちたいものですねぇ。鶏の燻製、海鮮クリーム炒飯が絶品。麺類も美味しい。とにかく身体に優しくしたい日にはピッタリな店です。

  • 中国料理 ディンハオ ”頂好”(ディンハオは中国語でベリーグッドという意味)
  • 目黒区自由ヶ丘2-8-21 メゾンクルツB1階 03-3724-5673
  • 営業時間  月~金 11:30~14:30  17:30~21:30       土   12:00~15:00  17:30~21:30       日祭  12:00~15:00  17:30~21:00       定休日は水曜日。
  • 東急、自由ヶ丘(渋谷から東横線で10分、大井町線だと15分・・)北口ロータリーのUFJ銀行と甘味所・蜂の屋間を入る。152㍍左にアンナミラーズ。そこを左折して突き当たりを右折(正面は靴屋のABC)数件目の公園の2軒隣りのビルの地下。)
  • (※―1)河名秀郎はハンサムなサーファー。そして素晴らしい”志”を持つ八百屋である。世間のオーガニック屋の多くは仕入れを河名に頼っているのが真実である。河名の卸す店は例外なく美味しい。どんどん卸してオレに教えて欲しい。