「ハム」タグアーカイブ

御殿場 二の岡フーズ

御殿場の正直ハム屋 “二の岡フーズ” 御殿場は東京から東名高速で55分(ポルシェで38分)。完全にワープした世界が、そこにはある。最近はアウトレットが出来て、新しいお客さんが大挙押し寄せているが、それでも、インターから数分の二の岡地区は、軽井沢かと錯覚するほどの景観と静寂がある。

御殿場 二の岡フーズ

ここは物の本によると、戦前に外国人が多く住み生活していたため、通称アメリカ村と呼ばれた。また、昔から多くの文化人、政治家などが別荘として屋敷を持っていた地域。だから、当時の面影がのこるような家屋ものこっている。気候も静岡の温暖な地域とは違い、夏でも涼しい、まさに避暑地なのだ。東名高速の最高標高地の看板が立っているのも御殿場だ。そしてここ、二の岡フーズは、その外国人が言い伝えた保存食としての加工肉製品を当時の製法のまま作り続けている。店というか工場は二の岡の村(住所に村とはないが、どうみてもここは村である。)の農家の軒先。農家といっても、領主様という風情の大きな旧家という趣。そこの門をくぐると、その小さな工場と、7~8人でいっぱいになってしまう小さな店がある。

御殿場 二の岡フーズ

そこで売りつづけているハム、ソーセージ、ベーコンは世間で販売しているモノとはまるで違う。いったい世間で販売しているソレは何だったのだろうかと疑問がのこる。特にここのベーコンが絶品。絶品中の絶品。究極中の究極。という一品だ。ベーコンには2種類ある。普通のベーコンとラックス・ベーコンだ。ラックスは、なんと”生”で食べられるのだ。これにはやられる。料理に使うには普通のベーコンが香りが多くお勧め。これで作った料理(野菜のベーコン煮、カリカリに焼いてホーレン草サラダに、カルボナーラからヤキソバまで)はとにかく何でも応用範囲は果てしない。ちなみに、このベーコンを使ってナベデモすると確実に決まる率がアップする。(これは企業秘密なので明かしてはならないゾ。)

御殿場 二の岡フーズ

工場には肉を挽く以外の機械は一切使わずに手作業。敷地内の井戸を冷却用に使用、塩素が味を変えない。鹿児島産の大地で育った健康な豚を最も適した部位を使い混ぜ物、合成保存料は一切使用ぜず。どうだ、まいったか・・の逸品です。

  • 二の岡フーズ 静岡県御殿場市東田中1729
  • 電話 0550-82-0127 ファックス0550-84-1323 (通信販売してます。㈱たのしいかいしゃのホームページで見たと言ってね。点数はないが次回行った時、僕が喜ばれる・・・)
  • 午前9時から午後6時、火曜日定休日
  • 《交通》東名高速御殿場インター(第1方面)料金所を出て左折、2個目の信号(東田中ニの岡)を右折直進して突き当たりを左折した右側。インターより2分23秒。

何を食うべきか、・・・・全てに美味しい。ベーコン、ラックスベーコンは一押し、ボロニアソーセージは大人気、ワイン好きな人のは牛タンスモーク、豚レバースモークはたまらない。沼津・西武デパートのハム・ソーセージ売り場に一部少量だけ置いてあります。そこ以外は扱っていません。