「ハモ」タグアーカイブ

北海道の世界遺産の町で食う “はも丼”

京都と言えば、“はも料理”。
京都人が愛するはも料理が大好きかと聞かれたら正直、そんなに美味いと思った事は無い。
好物だと言う人から見れば、それはとても不幸な事なのだろう。
そして淋しいに違いない。
だからいつか、唸る程に美味しいハモなるモノを食べてみたいものだ。
オレにはハモの味は“梅肉ソース”の味でしかないのだよ。
(それも不自然な味のする・・・)
(これっていい年して相当に恥ずかしい発言なのかもしれない。
もしオレがかわいそうだと思ってくれるならば是非とも一度、美味しいハモを食わせて欲しいです。)

ただ、食べた時の食感は好きだ。(それを楽しむもの?)
あのグニャグニャ感、いやプニュプニュ感(そんな下品な食感じゃない)はそうはないモノだし、他に変わるモノもみあたらない。

北海道の右ハジの知床、そこは世界自然遺産の大自然を擁する町。
その海の玄関口、羅臼港(らうす)の港の定食屋でハモ丼を食おうと誘われて驚いた。
あの京都のハモが東京を大きく飛び越して北海道の最東端にて珍重されているとは!!
北海道食2

その味はウナギである。
というか要するに蒲焼きのタレを漬けて焼き上げているのである。
分かりやすく言えば食感の少し違ったウナギ、中国産の冷凍の不気味なウナギよりずっとウナギとも言えるし、それをずっと超えている美味さがある。
流石に扱っているのは町の人々も利用する定食屋さんだけあって、その他の定食も充実。
焼いたホッケの美味さもさすがのホンモノ!
北海道食3
(目の前の海で採れたと言ってた。)
もう誰も太刀打ちは出来ない代物でしたよ。
北海道の先っぽで流氷見ながら、実に幸せな定食でした。

 

マルトモ巴屋
北海道目梨群羅白町緑町
電話01538-7-2189
北海道食1

運送業、魚卸し業、さまざまやってます。(笑)