「バアーンリンパ」タグアーカイブ

“バアーンリンパ”に見る絶景は美味い!。 時として絶景は最高の御馳走となる。

場所は南の島、プーケット。タイの首都バンコックから飛行機で約1時間のプーケットは基本的南の楽園だ。映画、デカプリオ主演の”ザ・ビーチ”が撮影されたのもこの近くのピピ島であるし文部科学省および環境省推薦の数多くの”基本的南の島”が点在する。(青い空、コバルトブルーの海、白い砂、ヤシの木の下にハンモック・・・が基本的南の島の認定条件)である。そのプーケットの中でも活況なのがパトンビーチでその端の小高い半島の突端にあるのがバーンリンパなるレストランだ。

"バアーンリンパ"に見る絶景は美味い!。 時として絶景は最高の御馳走となる。

パトン湾のサンセットとほのかなキャンドルの灯での食事は溜め息ヒューーヒューーである。こんなスチュエーションでの食事はハッキリいって卑怯者である。ナニを出されたって美味いでしょうねという景色と環境が味ズルイゾォ~~的な店だ。しかし、それも含めて味というかレストランが評価されるわけだから・・・。中谷彰宏氏の著書”レストラン王になろう”という成功したレストランのオーナーのコダワリを紹介したインタビュー本があるのだが、その中で、ある有名レストランオーナーが語っているのが、カップルで来た客が味が美味いの不味いのという会話になったらその店は失格・・・・とあった。演出こそ店の使命なのだとか・・その状況を含めての美味さなのだろうね。一時期、”やれる店とやれない店”と言う下品極まりない表現でその店を評価する店のガイド本があったが、まさにこの店は”やりまくれる店”に相当するであろう。従って店内は下心一杯の男女で充満していてフェロモン系の香りが充満・・・・なんてのはウソで、肌が日焼けで少々、火照って着飾ったカップルやグループでいっぱいだった。そしてサンセットの時間には客からの溜め息が唸っていた。ヤシの樹越しのインド洋に沈む真っ赤な夕焼けは見る者に感動を与える。そして薄ぐらいキャンドルの下での食事は勿論、美味しかった・・・・がモノスゴイ、ハンパジャナイ、セカイイチ、アブソォルーテリー・・・・とは思えなかった。

"バアーンリンパ"に見る絶景は美味い!。 時として絶景は最高の御馳走となる。

食事後にホテルに帰ってきてから参加者でミーティングをして冷静に判断した結果、味は普通だったかなァ~というのが総合点であった。でも時には食事はそれでいいと思う。誰と楽しい時間を共有できるかが最も大切な事。味ももちろん大切だが、味を雰囲気と会話がカバーしてしまうのですねぇ・・。やっぱり再度、冷静に判断して素晴らしいタイ料理を満喫したプーケットの夜でした。
バーンリンパ(BaanRimPa) 100/7 KalimBeach Road KATHU.PATONG. Phuket.THAILAND. 電話 076‐340789. 341768