「バリ」タグアーカイブ

バリ島復興キャンペーン。 “グレカンビンとサテグレ”・・・・・わからな~~い。

タクシーの運転手さんは古今東西を問わずクチコミで素晴らしい店を知っているというのは世の定説である。波田はタクシーに乗ると大体、裏道情報、酒酔い検問情報(これは不謹慎だねぇ。)、そして最近美味しいラーメン屋とか定食屋を聞き出すことにしている。そんな運転手さん達はあまりホームページで自慢したりする場もないので、ウレシそうに秘密の店を教えてくれるのだ。こうして発見した名店は数知れず。イタリアでもキューバでもトウキョーでも名店を紹介してくれたのはタクシー運転手であった。そしてインドネシアのバリ島にもこの理論は通じていた。スミニャックはバリの中でも特に洗練された雑貨屋やブティック、レストランなどオシャレな店が建ち並んでいるストリートだ。そしてある屋台の周りにタクシーがたむろして溢れていた!!。

バリ島復興キャンペーン。 "グレカンビンとサテグレ"・・・・・わからな~~い。

この屋台はグレカンビン(ヤギスープ)とサテグレ(ヤギ焼き)を出す。しかしねぇ、ヤギスープとかヤギ焼きなんて全然、食指がうごかないというか食いたくないモノでしょ!!そうなんです。僕も初めてこの店に連れて行かれたときの気の重さといったらなかったです。ところが、そのスープというかメシにかけて食うのだがタイのココナッツカレーに似ている味なのだが、なにか不思議な香辛料で完全にハマります。そしてヤギ焼きはヤギを串焼きにして(もちろん竹炭火焼)独特の味噌風のタレに漬けこんだ物。風変わりなカレー&焼き鳥定食というかんじ。選択は他になく全員これを食う。

バリ島復興キャンペーン。 "グレカンビンとサテグレ"・・・・・わからな~~い。

そしてこの値段がナント、お一人様120円程度。今時のデフレの日本でも120円で食える物なんてコンビニのオニギリ程度だろう。バリのメシは相当にニホンジンにあうのだ。それでもバリニーズのチョイスを見ているとヤギスープかヤギ焼きの片方を選んで白御飯と食べている。バリニーズには120円のランチは予算オーバーなのだろうか。とにかく、感動的な美味いモノは気が進まない所から発見するパターンが結構、多いのだ。常夏のバリで日照がジリジリするなか、屋台で食うバリのファーストフードに雄たけびを挙げるのであった。(オォツ~~~~~)

バリ島復興キャンペーン。 "グレカンビンとサテグレ"・・・・・わからな~~い。

ああ、連れて行ってくれた大和田剛(バリではミステルゴーワダさんと呼ばれている。)に感謝だ。なぜこんな平和な島がテロにあうのだろうか。しかしバリに罪は無い。是非こんな時にバリ島に行ってあげよう。そしてタクシー運転手にまみれてグレカンビンとサテグレ食って平和を祈ってくださいな。

店名無し、電話無し、営業時間は起きてる間はずっと(推測)。休日は無し。永遠である。グレカンビン(ヤギスープ)とナシ(白い御飯)サテグレ(焼きヤギ)だけ。単価は不明。店の店主らしきは、バリでは珍しくいつも何かを怒っている空気。愛想とかサービス精神なんて概念はまるでない。しかし食ったらハマリます。美味しい~~~~~~。ビンタン・マーケット(ちなみにバリの明治屋か紀ノ国屋という空気のマーケット)の斜め向い。

今日も笑うバリニーズ。 バリ島の定食屋”トコマサカン”で癒されちゃう日々。

バリ島は癒しの島と言われている。本来の”癒し(いやし)”の意味を調べると広辞苑には『病気を治す。』とある。そうか!!、バリはリュウマチの温泉治療みたいな身体のどこか悪い人が来る島なのだ!。そんな事はない。・・・バリは幸せだ。ホテルや施設が良いとか、自然が良いとか、素晴らしい独自の文化があるとか、そんなレベルを越えた素晴らしさがある。それはバリニーズ(バリ人)の”ほほえみ”だ。

今日も笑うバリニーズ。 バリ島の定食屋"トコマサカン"で癒されちゃう日々。

最初はナニがそんなに可笑しくて笑っているのか不思議に思った。自分が笑われているのかと思い鏡で見たりした。バリでは人と目が合うと必ず微笑みが返って来る。新宿だとパンチが返って来る。池袋だとケリとなる。ここでは “目と目が合う”という事が微笑み返しで、幸せな気分につながれるのだ。それはマクドナルドのお姉さんみたいなマニュアル化した笑いとは違う。コジマ電気の売りたさ一心の攻略的笑いとも違う。日本航空のスチュワーデスの訓練された微笑みとも違う。東大出身者の官僚の人を見下した笑いとも違う。(ひつこい!!)、そして・・・・・オレの下心イッパイの汚れた笑いとも違う・・・・。明らかに違うのだ。その秘密が先日のバリ訪問で解明されたのだ!!。その秘密は”トコマサカン “である。”トコマサカン”はバリの定食屋の総称である。写真を見てください。

今日も笑うバリニーズ。 バリ島の定食屋"トコマサカン"で癒されちゃう日々。

何処の店もこれと同様に十数種類の出来あがったオカズが大皿に並んでいる。鳥肉、牛肉、野菜や魚介類が煮たり焼いたりした料理、そして辛かったり、すこし香辛料が効いていたり、スープであったり、カレーであったりと、とにかくその数十種類のオカズは名前もわからないし、一品づつをキッチリと紹介するのが本来の”食”のページなのだろうが、この際どうでも良いじゃないか。とにかく美味しい家庭的料理が並んでいる。入店すると、担当の店員が丸い皿の真中に御飯を盛りつけている。貴方の手差し注文を待つ。その間に5品でも6品でも好きな料理を手差し注文をして盛りつけてもらう。そして食う。入店から食うまでの間、なんと平均42.86秒フラット。別に忙しいスケジュールは無いが空腹時に嬉しいサービスだ。そしてここはチャンプルーの文化(ごちゃ混ぜの文化。沖縄と同じというか沖縄もココらあたりの東南アジア文化の影響なんでしょうねえ・・。)があって、前半は各々のオカズと御飯を愉しみ、後半はオカズが混ざり合って6種のオカズと御飯、そしてそこにカレー(タイ風のココナッツっぽいカレー)なんかかけると、幸せのチャンプル極地なのです。

今日も笑うバリニーズ。 バリ島の定食屋"トコマサカン"で癒されちゃう日々。

しかし、このパダンで出されるオカズは温めなおすわけでもない、ワインで表現するなら常温という温度設定なのに、すこぶる美味しいんですねぇ。そしてこのトコマサカンでの栄養価満点の一食がたったの8千ルピー(約120円)で食えちゃうんです!!。(不思議なのが野菜を何種取っても値段は同じ、肉を入れるとチヨットだけ高くなる、という一律値段設定。)コンな物、毎日食ってたら、あんな豊かな微笑みも出るんでしょうねぇ。(そんな単純なことは間違っても無いと思います。)しかし8日間で相当なバリ・ラバーになった波田啓次郎でした。 (各企業の社員の皆さん、ごめんなさい。悪意はありません。)

  • トコマサカン(バリの定食屋) バリのいたる所にあります。” INDONESIAN FOOD”と看板がでています。
  • この写真は結構,スノッブな人があつまるスミニャックにあったベジタリアン向けのトコマサカンです。
  • パダンと表示があるところもあります。これは正確にはスマトラフードで香辛料が強く、これまた美味しい。

《バリでの食事》

クロボガンの素敵なレストランにて、別便で来ていたブルネイにダイヤモンド フォーラムに参加する前にバリ島に寄っていた増田C、進藤由美子T、橋本ちあき &ミドリT、細見W、大和田剛EX、そして堀正樹Wと波田ケージローでの食事会。  話題はサーフィン&アホ話で楽しい時間でした。マッスン&細見氏はユメさん のビラ(豪勢な別荘)に泊まっているんだって!!いいなぁ!!

《バリでの食事》

ワイルドなバビガランで気分は野生人っ!!

3月の下旬にバリ島に行った。本当に何年ぶりであろう。雨期のバリ島は何故かより一層のバリ島を感じるのだ。 ツイッターとかフェイスブックとは便利なモノで、バリでくつろいでいる時に、ユージンの剛ちゃんがメールをくれた。『ウブドのイブオカのバディガラン・・・これボクの一押しの大好物です。是非食べて下さい!』・・・全く理解が出来ないメールであった。 生まれてから一度もバディガランを食べてみたいと思った事は無かった。というかそれ以上にバディガランってナンなの!?!?

ワイルドなバビガランで気分は野生人っ!!

調べると” 丸焼きにした、ブタの内蔵、肉など全てをゴハンの載せるもの。”とある。とにかく食にウルサい、そしてバリ島を知り尽くした剛ちゃんが言う事だ。試してみよう!! 店は捜す手間もなく、タクシーを降りた目の前がその店だった。ほとんど英語も通じないが店の前で様子を見ているうちに勝手がわかって来た。ランチタイム前なのに店内は大混雑! 見ればバスケットの様な器にバナナの葉っぱが敷かれて、そこにバビガランなるゴハンと肉が盛りつけられている。白人系外人はフォークで食し、地元系の人々は手で食べている。 しかし店内はごった返しているし、店の前にも入り切れないお客が山の様に待っている。いつになったらメシにありつけるのであろうか。  ブタの丸焼きは、どんどん運ばれて来きているし、それがどんどんとバラされて、メシの上に盛りつけられていくのだが順番がくるまで相当に時間がかかりそうだ。

ワイルドなバビガランで気分は野生人っ!!

という事でテイクアウト・プリーズ!! ここも良く見るとローカルと観光客(外人)に異なるスタイルで提供されている。ローカルはバナナの皮をクルリと三角に撒いてそこにゴハン、バナナの葉(仕切りとして)肉&モツ類、また葉が入り薬味がのるのだ。 これが外人向けになるといきなり大きな白い発砲口ロールのプレート型の弁当箱に入る。正直、衛生面は良さそうな気がするが情著も何も無い! という事で地元民スタイルでお願いした。それをホテルに持って帰りプールサイドで手づかみで食べてみた。 『ムムっ!!美味いっ!!』それがまた手で食べてるから余計に美味しい気もする。ブタの様々な部位を薬味の緑のモノと少し辛いソースを絡めながらカレーを食べる様に口に放り込むのだ。ちなみにスプーンも付いていたので食べてみたら、何故か違うんです。 やはり手でしょ!親からいただいた素晴らしい道具は”手”ですよ! そしてバナナの葉っぱでしょ!

ワイルドなバビガランで気分は野生人っ!!

なんだかワイルドな食べ物をワイルドに食うって楽しい。 シンガポールチキンライスがブタになった様な印象の食べ物だったなぁ! たぶん、誰か友達がバリ島に行っている事を発見したら『ウブドのイブオカのバディガラン』食べた事あるかっ!? とツブやいて自慢しちゃうと思います。

  • IBU OKA (イブオカ) JL Sweta Tegal No2 Ubud 0361-976345
  • 11時より売り切れ次第で終了。 不定休
  • サレンアグン宮殿から1分 この店の為に渋滞が出来る程の名店。 食べるべき物はBabi guling Special(バディガラン)