「ピザ」タグアーカイブ

ミラノの中華料理店で出るピザ!!。 もう、こいつらァ良くワカラン・・・。

全く、イタリア人はどうなってんだろう。見れば見るほどに、知れば知るほどにスゴイ国民だと思う。もしアナタが初めて友人とニューヨークに旅行したとしましょう。最初の日の夕飯、何を食うか友達と相談しました。・・・・その友達が初日から和食を食いたがって譲らなかったらどうしますか!!??。普通なら軽蔑するかもしれない。もうこんな野郎と旅行は勘弁だぜぃ・・・と決別の瞬間になるだろうか。せっかく旅行なの だから現地の美味しいものが食いたいですよね、と言うのが普通でしょう。

ミラノの中華料理店で出るピザ!!。 もう、こいつらァ良くワカラン・・・。

・・・・しかし多くのイタリア人はそれが普通なのです。外国に行くときもイタリアンのみ。例えばアメリカや日本なら、”ヨォ~今晩、何メシ食おうか?”という友人との会話にヨコメシ(洋食系)たてメシ系(和食、中華)と大別。(チョット古い・・)。またはエスニック系(ベトナム、タイ、韓国・・・)そしてそれぞれは当然細かく細分化されて、相談の上、決定というのは常でしょう。しかし偉大なる食の文化の中で生きるイタリア人の多くはイタリアンあるのみ。事実、イタリアのGNPの25%を生み出す都市、ヨーロッパの最大級都市のミラノでもエスニック系料理は当然、中華も和食も無しに等しい状態。(モチロン数軒はあります。)先日行った社会主義のキューバだってあるのに・・・それだけ、食にチャレンジが無いというか自国の料理に満足しているのです。世界的に大流行の”ニホンリョウリ”もあまり受け入れられずに2~3年前に老舗が撤退という状況でした。最近では回転寿司が出来て大好評、これは相当に画期的な事のようです。革命です。ルネッサンスなんです。というほどに他の食べ物が嫌いなのではなくイタリアンを愛しているんですね。

ミラノの中華料理店で出るピザ!!。 もう、こいつらァ良くワカラン・・・。

さて、今回紹介する店はそんなイタリアでも最も大都会のミラノの中心地・スカラ座の裏に在る中華料理店です。この珍しく評判の中華料理店に入って驚いた!。この店の昼夜問わず人気なのが、なんと”ピザ”。前菜にピザをほぼ客の殆どが食っている。それも日本なら中華っぽいアレンジがあったりするのでしょうが、まったくもって正統派なマルゲリータとかクアトロフロマジオなどのベーシックなピザでした。いったいなにを考えているのだろうイタリア人・・・(イタリアにいる中国人も含む。)。しかし波田チームは当然、試食人生ですからピザも中華も食いまくり、結論からすると美味いんです。ピッザはお見事!!。(イタリアとはいえピザも地方料理なんで、ミラノみたいな北部ではそんなに沢山の店は無いのです。)そして麺類(汁メン)、炒飯、炒め物をトライしましたが、ミラノで有難い食事でした。

ミラノの中華料理店で出るピザ!!。 もう、こいつらァ良くワカラン・・・。

この中華料理店、経営者がイタリア人に歩み寄ってピザ出したのか、イタリア人が要求したのか分かりませんが全世界で美味しいピザが食える中華料理は多くはないでしょうねぇ。モンテナポレオーネのお買い物に疲れた時の醤油系も有難いですよ。

  • 帝苑 ロイヤルガーデン(ROYAL GARDEN)
  • Via Dell ‘Orso, 4- Milano.
  • 電話 02-72011350
  • スカラ座の裏手で、住所からスグに発見可能。 値段は・・・・・・安い。全然安い。

えぇ~~そこまでして食べる!? バークレーのピザ屋は自由の味!

カリフォルニアのサンフランシスコ、その近郊のバークレーという街は様々の文化が生まれた場所。 その中心にあるU,C,Barkley(ユニバーシティーカリフォルニア・バークレー分校)はものすごいリベラルな雰囲気な大学であると聞く。街はこじんまりとしているが、なんだかインテリジェンスを感じる若者であふれかえっている。そうそう! アップルコンピューターやグーグルの創業者など、名だたるIT起業家達も皆、この地でウロウロしてたのですよ。サンフランシスコの人間の気風は華美を嫌うんです。高級ホテルの前に行ってもロサンジェルスにオラオラいる様な高級車と出会う事は相当に稀な事。外見はシンプル、だけどスーパーリッチみたいな人々が沢山存在する場所なのです。 その街にある、とある有名なカフェは有名中の有名なカフェ。ボクの友人のカフェオーナーはここカフェショパニースを体験するだけの為にサンフランシスコを訪れていた程でした。その友人にならって、せっかく近所のサンフランシスコまで行っていたので、行ってみたら閉店中。というかボヤを出してしまい一時休店していた。がっかりしている時に目の前に入った異様な光景! 道路の間の路側帯(芝生が植わっている地帯)に若者が座り込んで、会話しながらピザをほうばっているのだ。

えぇ~~そこまでして食べる!? バークレーのピザ屋は自由の味!

その先に目をやると長蛇の列。その数、50人!しかしその列の流れは意外に早くて、思わず好奇心は爆発した。そしてその列に並んでみた。どんどん進む列・・・その先には、なんとピザをどんどんと売るカウンター、そしてその奥でどんどん作られる実に見事な流れ作業となったピザ! 幸いに席が取れたので買うつもりも無かったピザを買ってみた。そして食ってみた!! びっくり仰天な美味しさで、それはまさに”リベラルな味”だったのだ。単一の味のピザに群がる人々、途切れない長蛇の列、何もかもが新鮮でした。間違い無くバークレーの人々から愛されまくる店なんですね。そして驚く事に、その店内ではジャズのライブが自然に行われていたのです。もうその自然さも抜群! バークレーの風にメロメロになった夕暮れの時間でした。

えぇ~~そこまでして食べる!? バークレーのピザ屋は自由の味!

その夜はアメリカの旅の最終日。何を食べようか相談していたのに、そのピザで満腹。・・・まさかラストナイトのディナーがそんなアッと言う間に終わるとも想像していなかったが、後悔無し!

えぇ~~そこまでして食べる!? バークレーのピザ屋は自由の味!

換気扇からの香りを~~追い求め!~~アマルフィー

地球上で最も天国に近いところはどこであろう・・・・まず、気候が温暖である。美しい景色に囲まれている。ヒトが素晴らしい。ヒトが明るい。美味いメシがある。・・・それらを全てクリアー出来る場所は、国で言えばイタリア、そして地中海沿岸、どちらかといえば南側、どんどん南側! それは世界遺産でもある街、アマルフィ海岸に他ならないかもしれない。

換気扇からの香りを~~追い求め!~~アマルフィー

アマルフィーを訪れた。それもハイシーズンである7月に! ハイシーズンはハイシーズンの意味がある。人々は浮き足立ち、人々は楽しもうとしている。イタリア人のそんなバカンスにかける情熱を垣間みれるのが、こんな時期のこんなリゾート地だ。(難点はやたらに物価が高い!でもそれを差し引きしてもハイシーズンはやはりベストだ。) アマルフィーの街をクルマから降りて散策でもしようかと歩き始めた。 街の真ん中はドウオモとかピアッツァとかがあり、それを中心に街が広がっている。そんな中心地エリアを通過しようとした時に、いきなり嗅覚が働いた・・・激しい海産物を焼いたニオイ、それも日本の海水浴場みたいなイカやサザエとは違うニオイ・・・教会とかの観光旅行は急きょ中止して、その香る方向を目指した。

換気扇からの香りを~~追い求め!~~アマルフィー

そこには数軒の店があったが、明らかにその一軒一軒は別のモノと判断・・・香りの出元は、Da Baraccaなる店。間違い無い!店の脇の換気扇の下で確認したんだから! 見れば“トラットリア“とある。好きなんですよ~~トラットリアというカテゴリーが。(イタリアンには値段と料理のレベルで料理店でもリストランテ、トラットリア、タベールナ、オステリア、ピッツッエリア・・・)と分かれているので値段的、雰囲気的にも捜しやすいのだ。 時間的には夕方の三時半。おやつ代わりに海産物というコースだったので白ワインを頼み、ブルスケッタ、タコのマリネ、エビ(PROWN)を注文っ!

換気扇からの香りを~~追い求め!~~アマルフィー

マズは小手試しと思いきや雰囲気も相まって満塁ホームラン!! まさに濃厚な地中海のお味でしたよ。少し暖かいマリネの美味さなんて、ボクのタコ史(波田が生まれてから食べて来たタコの歴史)を全て塗り替えるモノ。そしてエビの焼き具合なんて”レア“なんだけどミソの濃厚さといったらハンパなし。まさに全員でチュウーチュー大会です。最初に出たブルスケッタ(小さなバケットにトマト、モッツアレラ、バジル、そしてイワシのマリネ!)なんて、トマトの濃厚さとイワシの塩加減、バジルの香ばしさ・・・どんなに真似したって出来ない、素材のそのものの味がした~~。

換気扇からの香りを~~追い求め!~~アマルフィー

コレだけを食べに、またアマルフィに行っても幸せだ。

  • Trattoria Casalinga Da BARACCA Piazza dei Doji AMALFI ITALY
  • 089 871285
  • ※ ショップカードを見ると魚介のスープとパスタが自慢とある。それは次回の課題です。

モナコで『あぁ~~ソッカ!』っと納得!

フランスはニース(コートダジュール)とイタリアはリビエラ海岸という地中海の超ハイグレードな地域に挟まれるのは、正真正銘な世界一のリッチ・ピープルが住む国”モナコ”・・・数々のお金持ちへの優遇された税制や、グレースケリーを生み出したハデな王室生活、そして市街地走行のF1のモナコグランプリや、世界中の大富豪が集まる港・・・とにかくハデさ、キラビやかさで言ったら、ここの街以上はないという程に豪勢だ。

モナコで『あぁ~~ソッカ!』っと納得!

港をみれば一艘、数十億円のヘリコプター装備のメガクルーザーや、世界中から集まる豪華客船、アラブの王族の船などがゴロゴロ、そして道にはメルセデスベンツなんてスズキ・アルト状態でハイグレードなロールスロイスにベントレー、見た事も無い様なフェラーリに、昨日はマクラーレン・メルセデスなんて言う、1台5000万円を軽く超えるスーパーカーなんて4台も見たし・・・もうとにかく目の保養をするならばモナコしかない!(保養を超えてアキラメに入るかもしれない!)

モナコで『あぁ~~ソッカ!』っと納得!

そんなモナコにも庶民の生活は当然にあるのだ。朝イチで市内をウォーキングしていたら、市場を発見して導かれる様に入っていくと、新鮮な野菜類や肉類にお惣菜(メンチとか煮物とかを想像してはイケナイ・・・お洒落なマリネとか生ハム、チーズ類)を売っている店などが多数! その中で際立って楽しそうな店を発見! そのメインの商品はピッツァにトマトソースの代わりに、かなり濃厚に炒めたタマネギがドバッとのせて焼いたもの(この正式名称がわからない!Pissaladiereとある)が5~6種類。

モナコで『あぁ~~ソッカ!』っと納得!

これをツマんだら、朝から隣のスタンドでビールの一杯も飲みたくなる!(そのビールが美味い!)それもかなり発汗した後だから尚更だ。そして他のお客はボク達に”SOCCA/ソッカ”というモノを注文せよとしきりに勧める。そのモナコにもいる庶民なオジさんはオーブンを指差す。待つ事5分で巨大なパエリア皿に薄く盛られて焼かれたSOCCAが出てくると、店主はまるで”もんじゃ焼き”を剥がす様に、ヘラでガリガリと剥がしとりテイクアウト用の紙に1人分づつをのせてくれる。

モナコで『あぁ~~ソッカ!』っと納得!

たぶん、このコゲは想定内で、そのオコゲの残し加減が職人芸なのだろうなぁ。その金額は2、2ユーロ(約240円)これはヒヨコ豆をすり潰し小麦粉とオリーブオイル、塩を混ぜて焼いたフランスのガレットに似た様なモノで、その味も勿論だが食感がフワッとしてお焦げの香りもして、たまらないスナックだった。

モナコで『あぁ~~ソッカ!』っと納得!

朝から飲んだビール・・・実は真面目なボクには全く生まれて初めての経験っ! そんな禁断の”朝からビール”をさせてしまう程に美味い雰囲気、モナコのマーケットで立ち飲み&ソッカはいかが!! 金持ち気分とは無縁だけど幸せな時間だよ。

  • Chez Roger   Socca pizzas Pissaladier
  • 電話 93、50、80、20
  • モナコ王国の旧市街地の市場  ヨーロッパは地中海沿岸