「ローマ」タグアーカイブ

《ローマの晩餐!貴族かぁ?》

ボンジョルノ! ダイヤモンドフォーラム・ローマ最終日はコロンナ宮殿でパーティー!!キューデンだょ! もうありえない豪華さ! 映画 “ローマの休日” のラストシーンで使われた場所そのまんま!! タキシード&ロングドレスのパーティーはいかが? 眩しかったぁ!! Buona giornata(ブォナ ジョルナータ)=ハブァナイスディ!

《ローマの晩餐!貴族かぁ?》《ローマの晩餐!貴族かぁ?》

《ローマの晩餐!貴族かぁ?》《ローマの晩餐!貴族かぁ?》

《ローマの晩餐!貴族かぁ?》

イタリア食い倒れツアー    ~ ノンナ トゥ イタリア ツアー ~

5月の下旬にイタリア、ローマ、トスカーナ(ミノーレ)、地中海の島・サルディニア、フィレンツェ、ミラノ、リビエラ(ポルトフィーノ)を約11日かけて食い倒れの旅に出ました。今回は川口ノンナ(ノンナはイタリア語でオバアチャンという意味。本名・川口文子さん。75才でダイヤモンド、イタリアからワインやオリーブオイルを輸入する会社も経営しています。)今回はノンナの御供で参加。トスカーナ地方の素晴らしい農園で作られるオリーブオイルの産地(なんと、イタリアのオリーブオイル品質コンテストで金賞を受賞した名品)や、やはり無農薬にこだわったワインを生産するセラーなどを訪れて、こだわりを感じる方々から色々な話しを聞けて最高でした。こだわりは製品にとどまらず、その方々の生活へのこだわりも物凄く、まったく日本では考えられないほどに豊かで健康的、人間的な生活でした。またひとつ驚いた事に、ノンナが薦めたわけではないのにすでに、そのようなこだわった人々のキッチンにはデイッシュドロップが必ず置いてあったこと・・・(実はイタリア人はあまりアメリカ製品が好きではない・・・と思う。)判る人には判るのがアムウェイ製品ですねえ。という感じでした。簡単なレポートを楽しんでください。ここには記載出来ませんが、新しい食の発見はハンパなし。胃腸君、肝臓君、痛めつけてごめんね・・・という食い倒れの旅でした。

イタリア食い倒れツアー    ~ ノンナ トゥ イタリア ツアー ~

● トスカーナ・ミノーレは牧歌的なトスカーナの中でも特にその雰囲気が残っている地域。そこのエルマーノさんを訪ねました。彼はもとミラノで建築家をしていましたが、都会の生活より田舎での生活を選びトスカーナでこだわりのオリーブオイルを製作し始めました。その後、順調に理想的な製品が出来て殆どトスカーナの身内での消費でしたが多少、余裕がでて世の中にも出るようになりました。最近ではイタリアのオリーブオイルのコンテストで金賞を取るほどの名品に育ちました。決してビシネスを巨大化させようとせず、あくまでも自然なペース。そして収穫期ではない、時間のある時は、古い大きな農家を買取り、自分で設計しホテルに改造(8室程度のこじんまりしたホテルです。)、そして施工も自分で行うというこだわりぶり。その新しく出来たホテルで僕達を迎えてくれ、毎日、手料理の地元料理を振舞ってくれました。その味と手間の素晴らしはとても文章で表現できる域ではありませんが、まさにイタリア。まったく変な気取りがなく皆で素晴らしい時間を過ごせました。お米を使ったスープ、地鶏(全部地鶏ですが・・)を釜で焼き上げた料理、サラダ類の新鮮さ、など半端なし。今回は伯母さんから手打ちパスタの秘儀も伝授されて実演もしました。そんな素朴な楽しさがこの地の楽しさなんでしょうね。

イタリア食い倒れツアー    ~ ノンナ トゥ イタリア ツアー ~

● ミラノから車で山岳地帯のワインディングロードを抜ける事,約1時間半、イタリア地中海沿岸地方のリビエ(フランス側をコートダイジュール)のポルトフィーノに行きました。ここら辺の一帯は素晴らしい海岸線が続き、究極の景色です。ここは12年前にも一度訪れ大感動した場所(2回目の参加のFITでした。)そんな時間を楽しめました。食事は前回に偶然に発見した地元のトラットリア・・・・・・。その味の大発見は参加者、目から涙という感動。”海老のレモンソース蒸し”(定かな名称は判らない)、鰯のフリッター、パスタ類、白身魚のオリーブ蒸し・・・・思い出すと感動です。イタリア旅行の楽しさは、新しい味と昔からの伝統的な味の出会い。大満足。景色との雰囲気は凄い。港には沢山の豪華客船とアラブの王様としか思えない船が停泊。昨年の夏休みはビルゲイツ家族も来ていたと、ある写真週刊誌に出ていましたねえ。スプレンディッドという最上級のホテルもあります。

イタリア食い倒れツアー    ~ ノンナ トゥ イタリア ツアー ~

● 地中海の島、サルディニアは個人的に2回目の訪問(4年前のFIT)今回は南側の地域、特別にスペインの貴族の館(非公開)に招待されたり、小さな田舎町を訪問したりと素晴らしい時間でした。地元産のアサリをお米のような形をしたパスタでからめた料理は最高でした。さすがに地中海というかんじで、海の物は新鮮その物、前菜のオイル”サーディン”の名称の由来はサルディニアから来ているだけあって美味。古代の遺跡も感動的でした。

イタリア食い倒れツアー    ~ ノンナ トゥ イタリア ツアー ~

● 今回は偶然にもローマのバチカン市国でローマ法王・ヨハネパウロの82才御生誕ミサにも出席。ミレニアムの2000年にバチカンを訪れるだけで過去の罪が一切、消されるといわれているのに・・・・・・その上こんなにタイミングがいいとは。これも感動的なことでした。

italy_batikan

● ミラノは勿論、お買い物。モンテナポレオーネ界隈の有名ブランドショップはとりあえずとして、新しいセレクトショップも素晴らしい。・・・・・・・・・はダントツ、小物雑貨のハイテックはやる気満万、最後に書くのは何ですが、ミラノにおそらく6回目の訪問にして初めて見た(いつも予約が取れなかった)ミケランジェロの”最後の晩餐”は感動の一言でした。

ローマでNo.1は世界でNo.1!? 最強のカルボナーラ。

Facebookというのは便利なモノだ。(時々、不便だけどね)秋にローマを訪れていた。その時にローマでの楽しい時間をFacebookに書き込んだら友人が素敵な情報を教えてくれた。彼女は某有名出版社の高級旅行系の雑誌の編集者で相当に鋭く世界中を廻っている女性なのだ。そんな人からの情報に興味わかない奴なんている!?(ちなみに他にも元・JALの国際線スチワーデスと友人のイタリア料理研究家などから書き込みいただいた。)そんな人からいただいた情報はどうでしょう?

ローマでNo.1は世界でNo.1!? 最強のカルボナーラ。

そんな素敵な情報が舞い込み、その日の同じスケジュールを過ごす予定の大人5人の行動は全て変わったのだ。 まずはレストラン・ジャーナリストが足しげく通う店・・・その触れ込みの一言『ローマで一番美味しいカルボナーラが食べたくありませんか!?』そんなモン、食いたいに決まってるだろ!!(笑) その店の名前はロスチオーリ。調べたら朝の8:30から営業が始まり、夜は20:00まで。レストランにして見たら相当に変わった時間帯だ。(ここは看板的には”ENOTECA(酒屋)”と言うくくり。様々な食材、そしてワインを持ち帰り用に販売してついでにレストランも併設をというスタンス。)

ローマでNo.1は世界でNo.1!? 最強のカルボナーラ。

さて、12時半に予約して行ったけど人はまばら。(イタリア人は夜も遅い代わりにランチのスタートも遅いのです。) かなり間口の細いお店に入ると、圧巻という感じのガラスのショーケースがドドーンと続く。中にはかなりの種類のチーズやハム、プロシュートなど様々なお惣菜が所狭しとディスプレイされている。見ているだけで夢が広がり心が豊かな気分になる。 早々にイタリアのスプマンテ(発泡性ワイン、いわゆるシャンパンのイタリア版)を注文してメニューを見る。正直、イタリア語はわからないので(だいたい英語は話せる。)店員さんにオススメを聞いたら、まさに”旬”なモノを教えてくれた。

ローマでNo.1は世界でNo.1!? 最強のカルボナーラ。

前菜にはアーティチョーク(野菜)のマリネ、王道はプロシュート、そして水牛のチーズ、モッツアレラとプラータなるチーズはなんとも形容しがたい食感なモツァレラみたいなモノ、季節的には白トリュフ、6グラム1ユーロと言われて高いのか安いのかわからず注文。オススメのパスタにかけてもらった。そしてもちろん、お約束は”カルボナーラ”日本で良く、生クリームなんか入れるインチキ店もあるけれど、あえて”これはホンモノ!”というモノを食うと実に濃厚で美味しい素晴らしい味と食感であった。パンチエッタ(ベーコン)の香ばしさと塩分具合は特に日本ではありえない濃厚さ。とにかく素敵な体験でした。 我々の食事が終わる頃には、店内にはビジネスマン、昼からデートの大人、不倫の40代の男女(オレの想像)かなりのグルメ好きとしか思えない人々でイッパイ!

ローマでNo.1は世界でNo.1!? 最強のカルボナーラ。

そして永遠にダラダラと飲んで食っている。日本のサラリーマンみたいな早食いしている人なんて一人もいない。食材や料理、店員さんの対応もスゴいけれど、何より店に来ているお客さんの雰囲気は実に”イタリアン”だったのが感動した。

  • ROSCIOLI (ロスチオーリ)
  • enoteca Roma,via dei Gubbonari21/22
  • 電話 06 687 5287
  • www.salumeriaroscioli.com
  • ENOTECAはワイン屋(酒屋)の総称である。