「五指山」タグアーカイブ

コビを売らない”中華・五指山”

五指山とは中国の海南省にある5本の手指の形をした、とても険しい山である。決して穏やかでない、日本では見る事の出来ないギザギザした山だ!(よく慶林とかの写真で出てくるタイプの険しい山だ!)  恐らくこの険しい山々のイメージがここのお店の激しい味につながっているのであろうか! ここの中華料理は本当に味が奥深い。化学調味料的な味、辛さではなく、奥深い味わいなのだ。 店構えは、悪いけどまるでオーラを感じない。悪いついでに言うと、店の看板はグラフィックデザインというモノをナメてるのかという位にヒドい。(店主さん、これから褒めちぎりますから許して下さい。)

コビを売らない"中華・五指山"

入店しても、ここが中華料理店とはまるで思えない。中華料理店といえば色で言えば”赤”そして重厚さを出す為の”焦げ茶”と相場は決まっている。緑とかブルーの中華料理屋なんてこの世には無い。インテリア関係者にいわせれば施行前のただの”箱”の賃貸物件なのだ。 白い壁紙に何でもない床。飾り気はゼロ。解り易く言えば、引っ越し準備は10分で完了だ! メニューはホワイトボードにペンで書いたもの。それもカタカナ&漢字、字が大きかったり小さかったり真剣に読まないと解読は難しい。しかし三枚のボードにはギッシリと様々な料理が書き込まれている。だから座っているだけだと四川料理を食いに来たなんて実感はゼロ!(笑)要は、こちらの店主は店構えなんて小細工には興味がないのだ。とにかく”お味”で勝負!!

コビを売らない"中華・五指山"

その御主人一人で厨房を切り盛りして、ホールは女性が一人。どうでもいいけど、この関係に婚姻関係は無いと店主の言葉。 オーナーシェフなんてオーラをまるで出してはいない御主人だが、なんと日本人(和田真二さん)なのだ! 中国の地方料理などを自分なりのアレンジをするという楽しみな指針は素晴らしい! メニューはホワイトボードを見てどれもヨダレが出てくるので片っ端から注文!!黒酢酢豚は肉のピースを聞かれる。柔らかくほどける様な食感の肉。そしてなんの遠慮もない、こびを売らない酸っぱい、辛い、甘いとエッジが効きまくり過激に美味い! そして蒸しパンにそれらを付けて挟んで食べると??昇天!芝海老の生のり黄唐辛子土鍋煮は全く、見た目を裏切るモノで唐辛子がガッチリときいているのに、ベースの塩味に和むのだ。

コビを売らない"中華・五指山"

満腹をずっと前に超して120%の超満腹状態なのに麻婆麺を注文! もう麻薬的な山椒のシビレと辛さでまたまた昇天!かなり刺激的な夜になりました。 食べ終わった後の達成感と充実感・・・素晴らしかった!  しかし食べられなかったけど”牛ペニスと揚げニンニクの土鍋煮””和牛アキレスケンのトロトロ鍋”なんてどんな味と食感なんだろう! もう新年会の予約は入れました!(笑)

  • 東京都世田谷区世田谷4-2-15 03-3426-2130
  • 営業時間12:00-14:30 18:00-21:00 定休日は水曜日、その他不定休
  • 世田谷線・松陰神社駅から世田谷通りに向かい右側