「札幌」タグアーカイブ

成功の証”イリモトタワー”は札幌新名所! おめでとう。新しい生活!

2月21日(火曜)午後の便で千歳に飛ぶ。いつもこの季節の北海道はスノーボード三昧とミーティング(あくまでもミーティングが主でス。)というコンビネーションなのだが今回は右足靭帯損傷の関係でスノボーは中止。歩くのもまだ不完全なのにスノーボードみたいに無理な体勢を取って超危険の代表的スポーツをしたら間違いなく事件となる。しかし札幌行きは決行! 夕方にイリモトが千歳に迎えに来てくれてそのまま札幌に向かいイリモトタワー(本当は何やら三井ナントかパークタワーみたいな名前があるが業界では総じてイリモトタワーと呼ぶ。きっと他の住人が聞いたら好い気はしないであろうが、その方がわかりやすい。)を訪問。札幌も東京の昨今のブームの様な高層豪華マンションがどんどん出来上がっているが、そのなかでもひときわゴージャスで素晴らしい立地条件なのが、このイリモトタワーなのだ。

成功の証"イリモトタワー"は札幌新名所! おめでとう。新しい生活!

リビングの窓からは遠くにオホーツク海(いや、日本海かぁ、ベーリング海だったかなぁ!!まぁ海です。オーシャンビューです。)が見え、山々には真っ白な雪景色。そして素晴らしい朝日も見られて夜景もある。大自然の中の大都市、札幌の周りに一切のさえぎる物が無い景色ですよ!まさにパノラミックな窓が天井から床までドドーンと広大なリビングをより広く見せている。イリモトはきっとこの窓の前で腰に手を当ててプロテインを飲みながら(シルクのガウンでブランデーの方がいいかナァ・・・)眼下の庶民を見ながら自分の達成を認識するのであろう。”グビィー! フッハッハッハッハ!!”とか笑って。後ろには可愛い新妻クミちゃんと愛犬モヌが、そのプロテインを飲み干す主人の凛々しい後姿を見てこの人生に間違いは無かった、今日こうして幸せなのはこの男のおかげだぁ・・・と”功名が辻”の主人公・伊右衛門の妻の千代(わからない表現でスンマです。アゲマンな妻の代表)みたいな空気で夫をみているのであろうか。スミマセン、どんどん話が脱線してきた。さて今日、ここに波田がやってきたのはワケがある。なんてそんな大層な用事ではない。このかっこ良すぎるイリモトタワーの新居のインテリアの仕上げにやってきた。

成功の証"イリモトタワー"は札幌新名所! おめでとう。新しい生活!

家具類は東京のタイム&スタイルに担当してもらったのでスマートな仕上がり。あとはヌケの部分で”一面の壁をデザインして、大小約15の額(フレーム)を無造作に並べて、その中にイリモトらしい写真などを入れてなんちゃってアートをする。”という企画の遂行がお役目なのだ。フレームはすでに計算して東京の業者に依頼して出来上がり届いている。中身は今日、明日の二日間で作る。こんな豪勢マンション、そして沢山の人目に触れる場所(イリモト家のリビングの人の出入りの数はススキノ繁華街のちょっとした店よりよっぽど多い。それに恥じぬ作品にしなくては・・・)ということで作業の準備をした。数時間で終わる作業ではないし時間が来たので19時からのAMプラザでのミーティングに向かった。きょうは波田のLMということで1時間バッチリとしゃべった。なんだかこの札幌のプラザは本当に話しがしやすい。参加者とステージの近さ、距離感が良いのか、参加している札幌ディストリビューターの品位の高さなのかナァ。とにかくお役目は果たしましたよ!!という満足感。アフターはお洒落な和食屋で食う。焼酎飲んでいい感じに仕上がり早々にイリモトタワーに戻りフレーム取り付けの作業に入った。夜中にヘッチャラでフレームを引っ掛けるフックを釘でガンガン打ちつけて取り付けた。こんな大胆な作業も焼酎にゆだねるところが大きい。酒は明らかにオレを強気、かつ大胆にしてくれる。入れ替わり立ち代りイリモト邸には人がどんどんやってきた。ホラホラやっぱりススキノの店より出入りが多いじゃない! しかし、かまわず作業。そしてドンドンと飲みながら作業。こうなると少し位のズレ、曲がりも芸術に見えてくる。

成功の証"イリモトタワー"は札幌新名所! おめでとう。新しい生活!

深夜まで宴は続き馬鹿話をしながらの作業は楽しかった。その晩はイリモトタワーのゲストルーム(ホテルみたいな部屋がマンションに完備されているのです。)で就寝した。当然ヘロヘロでゴキゲンな夜だった。 翌朝に起床してまたフレーム作成の作業に取り掛かる。その間イリモトはお手製の”愛の和定食”を作ってくれていた。(新妻クミちゃんは仕事で東京へ)その和定食は抜群な美味さ!!イリモト作の美味しい味噌汁を飲みながら、オレは腰に手を当てて雄大な北海道の日本海だがベーリング海、いやオホーツク・・・・を見ながらこんな形でイリモトの新しい生活のお祝いが出来て幸せを感じた。その後ろは新妻でも愛犬でもない朝食の納豆のネギを刻むイリモトだったが。 今、気が付いたが本当は新妻クミちゃんとイリモトのホゲホゲ話とお祝い話を書こうと思ってましたが、こうなってしまいました。またいつかこの素敵な夫妻の話をします。

札幌の朝!!わくわくな朝!!、わくわくわくわく~~~~

2005年2月2日、何故か月初は清々しい。月末が辛いわけではないが、やはり月初は清々しい。昨晩はAМプラザのミーティングのアフターで札幌中心から少し外れた相当に外観的には地味で少々汚い、そして店主と妻はモティベーション低い・・・・しかし味は抜群という居酒屋”いしかわ”で飲んだ。こんな店に来れるのも地元友達がいるからだなあ。昨日でめでたく十数年間、松下電器で勤め上げた飯田稔と美人妻やすこも参加。辛いリーマン生活を聞きながら恐ろしい気分になった。しかしこんなに明るい未来をもっている退職者が世の中にそうはいないだろう。それはAМのおかげで”イヤなもんは辞めちまえぇぇ!!”と言えたのはエメラルドの印籠であろうかぁ。そして深夜にジャスマックホテルに届けられ(泥酔して荷物化していた。)朝起きて入浴してメシ。このホテルは相当に凄くてススキノの街の中心にあるが温泉を掘り当てていて3階全体が超快適な大風呂、露天風呂、サウナが設置されている。宿泊者は浴衣で朝食という、とても都会の真ん中の出来事とは思えない一時を楽しめるのだ。8時半にはイリモトがレンジ・ローバーで迎えに来てくれた。ホテルのロビーに超ゴージャスなシャンパンゴールドのレンジローバーがスッーと入ってくるとオーラがすごい。(レンジは砂漠のロールスロイスと称されるが乗ると感じる)それに札幌カリスマ・イリモト、笑うミカン美人のクミちゃん、有名犬モヌが似合うこと! ロビー界隈の一般人にはオレの友達だもんねぇぇぇ!と意識するが誰も見ちゃいない。

札幌の朝!!わくわくな朝!!、わくわくわくわく~~~~

そして一路、世界の雪人間が注目するニセコを目指した。途中でヒロムやヨシキとも合流。昼前に到着して宿泊の貸し別荘(これが素晴らしいログキャビン!しかし建物の地盤が悪くて全体が斜めだった。床にペンを落とすとコロコロコロっと壁に向かって走り出すしトイレに向かい歩き出すとキッチンに向かって行くのだ。全てに笑えた。)に荷物を置いてリフト券を購入して早々に滑った。コンディションはまあまあだが天気が良くて楽しく滑った。意外に新雪が荒らされてなくプチ恍惚!ドーパミンもチョロリと出ていた。イリモトがバックパックを背負っていたのでボクの財布とデジカメを預けたら、奴はカバンの中に好物のバナナを入れていたらしく転倒時につぶれて・・・大惨事。財布、デジカメ、バナナが一体化してしまい財布の中のカード一枚一枚の間、縫い目、デジカメのチャックのミゾにまでギューーとバナナ漬けと化した。(そのバナナカスは想像以上にひつこく今でも縫い目にこびりつくニセコの思い出となった。) 最近のニセコは外人がやたらに多くてゲレンデにいる人間の50%以上が外人で自分が何処にいるのかわからなくなる。ここは薄目で見たら外国だぁ。夕方までバッチリと楽しんでナナメ・ログキャビンに戻った。そして近所のアンヌプリで露天風呂に入浴。ゴキゲンさんと化して夕飯は大好きな倶知安(クッチャン)の街の”寛松”でジンギスカンを食う。ここの奥さんは正に”昭和の母さん”という雰囲気の割烹着が良く似合う素敵な営業スマイルのオバサンだ。何度来ても、ここは美味いの一言!。そして乾杯のサッポロビン黒生から始まり焼酎番茶割りも昇天的幸せをもたらした。イリモトはじめ全員泥酔!(ん!誰が運転したぁ!?)東京ではジンギスカンがブームだがこの夫婦をラチって一石投じる為に激戦地中目黒で店を出したら、さぞや凄いだろうナァと意味不明な事を考えながら食う。イリモト敏腕秘書オサムは元裁判所勤務なので硬く酔っている。ヨシキは酒が入ると同じ人間とは思えない位に生き返る。酒はヨシキにとってトリプルエックス以上の効果がある。昼間の酒抜き時のテンションとの違いは何なんだ!!。

札幌の朝!!わくわくな朝!!、わくわくわくわく~~~~

食後は明日からの自炊朝飯の買出しをする為に泥酔のまま町民社交の場のスーパーマーケット・マックスバリューに行って勢いにのり必要以上な意味不明食材を購入した。(カートは意味不明食材で山盛り!)店内で馬鹿騒ぎ、奇声を発する決して若者ではないノリノリ伯父さん一行を見て人はなんと感じたのであろうか。(ただ迷惑って思ったことだろう。)そして帰って朝食食材でまた飲んだ。就寝・・・ああ今日も幸せだなぁ。   翌朝はクミちゃんのバカウマなトン汁で目覚め、朝一からスノボー天国に突入!!。ダァラァァァ~~と朝からドーパミンがぁ!  札幌の皆さんありがとう。イリモト、孔美ちゃん、ヒロム、ヨシキ、千葉さん、飯田、田村さん、チカちゃん、中田&けいちゃん、敏腕秘書・・・出会えて嬉しい。そして来年も遊んでね。(3月にもこのニセコツアーが行われた。これまた宇宙一(当社比較)楽しかった。)

祝・イリモトさん!!。札幌のモノスゴイ濃厚で長くて短い1日。 アワタダシイ指数297点。

2003年9月28日、朝は5時半に起床して沼津から東京に戻って旅の準備をしてから羽田空港まで車で行って駐車場に乗捨てて8時半のJALで札幌に飛んだ。とても昨日、息子の運動会で盛りあがっていたとは思えないアワタダシイ状況。今日は井利元のダブル達成ラリーと誕生日なのだ。とにかく多忙な1日で千歳空港からそのままススキノの○寿司(マル寿司)まで行ってランチ。というか遅い朝食。この店は高級店でランチなんてやっていないのに井利元の顔で休業の日曜なのに開けさせたのだ。というか井利元(※1)の人徳以外のナニモノでもない。しかし、主人も午後から娘の発表会があるとかでアワタダシイ空気を出している。ゆっくり食いたいのにとにかくスケジュールが詰まっているので15分で食ってから会場に入ったら殆どラリーは始まろうとしていて、着替えて12時半にはスピーチの順番だった。(いっそのことマル寿司で弁当でも作ってもらえば良かったのに・・)真暗な会場なので少し話しにくかったが会場内の熱気はものすごいものがあったので話しやすかったし楽しめたナァ。(AM始める前は人前で話すなんて宇宙一に嫌いな事だったのに・・楽しむなんて。)しかし井利元の今回の達成は、一言でカッコイイ。井利元はニューWダイヤの達成ラリーと自分の37才の誕生日をこのラリーで飾ったのだ。そんな人間的魅力に溢れる男のお祝いラリーなので多くのハイピンが集まった。長友清、波田啓次郎、増田夫妻、山崎義幸、山崎タクミ、梶原夫妻そして薫DCAの豪華キャストだった。(自分の事を豪華メンバーに名前を連らねるのは気が引けるが・・)ラリーは感動的だった。何度もウルウルきてしまった。(※2)評判を聞きつけていた波田グループの姫路の重田グループがツアーをして感動を共有しにきていたのに驚いた。こんな志の高さが成功につながるんだなあ・・。ラリーの一部の最後に薫さんが登場。超感動的スピーチをして早々に空港に戻り東京に帰って行った。薫DCAはなんと札幌滞在時間4時間弱。あまりのVIPに北海道の唯一のリムジンのハイヤー運転手は緊張してキーを車内にのこしたままドアロックで空港でひと騒ぎ。みんな超過密スケジュールで大変だ。山崎タクミ氏は朝に東京本社でミーティングでマーケをしてから飛んで来た。きっとこの日を目標にイロモトもグループの皆も頑張ってきたんだろうなあ。表彰コーナーは素晴らしかった。終了後は今年オープンしたJRタワーのホテルの最上階のレストランでゲストで食事をした。長友氏とヘビーにワイン二本を飲んでしまった。そして三次会のクラブに向った。そこには推定300人が集まり盛りあがっている。ジャンケン大会、グループのコント、そして萬谷ダイヤのショーは”イリュージョン”と題した傑作であった。絨毯浮遊とマジックが呆れ返る凄さだった。笑いまくった。モノスゴイ小道具、衣装なのに井利元の為に自腹で準備をしたそうだ。井利元のライブもカッコ良かったなあ。(ラリー以上にこのショーがやりたかったんだなあ。)最後にハロートークして盛りあがって深夜に解散。他の人達はラーメンだぁ、カラオケだと向ったが僕はホテルに帰って倒れた。なんて体力のある人達なんだろうか・・・。しかしモノスゴイ濃厚で長くて短い1日だった。泥酔しながらのJRタワーのホテルの風呂からの景色は素晴らしかった。

祝・イリモトさん!!。札幌のモノスゴイ濃厚で長くて短い1日。 アワタダシイ指数297点。

(翌朝の清々しい景色の写真です。札幌は素敵な街だ。)

※1井利元(イリモトトシヤ)アイヌ語で”イリモト”とは打たれ強い、我慢強い、そして男らしいと言う意味は無い。しかし本当に井利元の打たれ強さというか精神力は普通じゃないと思う。精神力だけならプロレスラーより強く根性は相撲力士よりあるであろう。打たれ強さはバンタム級ボクサー以上だ。ナンだろう、この男の存在感とリーダーシップは!。最近は趣味的にプチマスモト化の傾向が少々見られる。
※2このラリーのビデオ・DVDは必見でしょ!。 toshiya@irimoto.net  見応え充分です。なにせ思いっきり赤字覚悟のラリーです。

チンギスハーン様、日本を代表して謝罪。

札幌・ジンギスカン専門店・めんよう亭
ラム(羊)の焼き肉のジンギスカンとはチンギス・ハーン(成吉思汗)に由来する。13世紀のモンゴルのあばれん坊は流れ流れて北海道の地では焼き肉の総称となっていた。それも名前を改名されて・・・。波田啓次郎(ハダケイジロウ)がヒャダゲージリョーとなっているのに等しい。これは偉大な将軍・チンギスハーンには申し訳無い。日本の教科書でも正式に謝罪をしなくてはイカンぞ。ケンタッキーフライドチキンならカーネルさんの遺族にも印税が入っているかもしれないが、チンギスハーンの末代は権利収入で豊かな生活を送っているとは聞いていない。

チンギスハーン様、日本を代表して謝罪。

北海道人以外ではジンギスカンはあまりポピュラーな食べ物ではないが、北海道人にとっては日曜日の夕飯の家族的な食事はジンギスカンと決まっているのだ。模範的家庭には”マイ・ジンギスカン鍋”がある。広島人がお好み焼きを食うように、山梨県人がホウトウを食うように、そしてアメリカ人がハンバーガーを食うようにメキシコ人がタコスを食うように(ひつこいネェ)北海道人はジンギスカンなのだ。先日、北海道は札幌・ススキノで本当に美味しいジンギスカンを食った。ついに食ったのだ。波田のなかでジンギスカンの肉は何故だか丸いハム状となっていた。(そう思っている方、多いと思います)しかしラム(ひつじ)はヘビじゃないんだから、あんな丸くて平たいわけがない。それは丸くなかった。考えてみれば当然なのだが、肉だった。ナント感動的なのはラム刺しなるものも用意されていた。そこまで新鮮な肉は、焼いても美味しい。ラム肉には独特の臭み(私は香りと呼びたいが・・)ある。”スキキライ”はあるかもしれないが、もう大人なんだから克服しなさい。専用の鍋は独特で”戦争の鉄かぶと”に穴を開けたモノらしい。そしてこの半円型の鍋が非常に表面積が考えられていて大人数に対応出来るし、油が下に落ちるし、災害時のはかぶれるし、戦闘時には通気性の優れたヘルメットにと便利なシロモノだ。(よい子は真似しては駄目だよ。頭の臭さが一生ぬけなくなる)

出演キャストは肉、モヤシ、タレ・・・以上。小数精鋭だ。当日は幸運にも”行者ニンニク(アイヌねぎ)”の在庫が少々あって、ひときわ鍋をハデに盛り上げていた。(この美味さも格別!!)そして火力はモチロン炭(スミ)。これが絶大な威力を発揮しているのは当然のことだ。鍋があったまったら下に野菜をひいて上でジュージュー焼いたラム肉をタレに付けて口に放りこむ!!絶句するゾォ。その独特なタレは醤油、りんご生、生姜、ニンニクなどで作ってねかせたモノ。ああ・・・また食いたくなった・・・。店内は清潔そのものでお客から預かる酒のボトル、飾りの人形、テレビのリモコン、電卓に至るまでサランラップで巻かれていた。感動のジンギスカンを敬意をはらい食しましょう。煙対策は万全に。

  • ジンギスカン専門店 めんよう亭 TEL011-512-9722
  • 営業時間 日曜日17:00~2:00 平日 17:00~3:00 月曜日定休
  • 札幌市中央区南5条西4丁目
  • 支店もあり。6条店 011-521-1122
  • 注文はジンギスカン1人前700円、モツも美味しかった。いくら食ったって知れた価格なのでガンガン食おう。散々食って飲んで一人3000円程度。オバチャン最高。