日本海からホームラン! 富山の“だいどころ屋” 

日本海からホームラン! 富山の“だいどころ屋” 

波田はインターネットの情報などは、時々は参考にするが、あまり信じない。やはり確実な情報源のヒトからのクチコミに頼るのが常日頃だ。だから普段から、誰かから教えてもらったお店は、メモに数十軒は書かれている。 さて、富山に行く事になった。富山と言えば、富山湾を前に美味しい海産物にありつける。(富山の海流はとても珍しく素晴らしい魚を育てる。)  ある目的の店の電話番号をネットで捜している時に、なぜかこの店を知る事になった。 “○○のお店を使う方は下記の○○のお店も利用されます”みたいな・・・余計なお世話だが・・・正直、気になって・・・予定を変更して、優先順位をこの店に変えてみた。 インターネットの情報・・・どうなんだろう!!

日本海からホームラン! 富山の“だいどころ屋” 

店に入るや、頭の中で“ビンゴ!!!”と唸った! まずはビールを注文するとキレイな泡のビールが持ってこられ、そしてオープンキッチンの中から相当に忙しくしている店主が挨拶に来てくれて『今日は少々、団体様が来てますので少しお時間がかかりますが、これでも召し上がってゆっくりしてください!』と、酒に合う一品を出してくれた。もう、その心遣いにワンパンチ!! そのつまみの美味さにツーパンチ!!(バイ貝の酒蒸しとナマコ酢) その後、出てくる魚は美味いったらありゃしない! 謙虚な料理人って本当にカッコいいんですよ。本日の刺身は 赤いか、赤カレイ、キジハタ、太刀魚、鯵、さより、甘エビ、ブリ。

日本海からホームラン! 富山の“だいどころ屋” 

聞けば御主人はダレかの元で修行をした経験も、飲食店で働いた経験も無いとの事。では何故・・・ご実家はスーパーマーケットをやっていて、やはり大手などから身を守る為にも美味しいお刺身などを安価で提供する事が、お客さんをつかむ為の必須条件であった事で、ご自分で東京は築地の中央卸売市場で働き魚を見る目を養い、そしてスーパーで日夜、独学で見る目を養い、腕を磨いたのだ。さすがに美味しい魚の産地である富山のお客さんは目も舌も肥えているのだ。 ただ、魚を買って来てさばいて出すなんてものではない奥深さと、魚への愛情を感じるのだ。 その後、出て来た料理は本当にお見事!! それが全て自己流というのだから、食のセンスとか探究心、そしてなにより美味いものを作れる“舌”が絶対的なんだろうなぁ。

日本海からホームラン! 富山の“だいどころ屋” 

その後、焼き魚はのどぐろ、大きな鯵、そして内子と毛ガニ、むつとイカと西京漬けのサラダ、最後に稲庭うどんと水だしコーヒーとアイスクリーム(これがまた劇的に美味い!・・・もう昇天しましたよ! また、この店だけの為に富山に行こう!

  • 富山 だいどころ屋 富山市日ノ出町4-2  TEL076-432-5700