ポルトガルの天国に近いディナー"ナンとかオリビアーラ"

ポルトガルの天国に近いディナー”ナンとかオリビアーラ”

この店でなんという食べ物をたべたのかわからない。聞いてもサッパリで、なにがなんだかわからなかった。とにかく食べたモノは全て衝撃的に美味かった。しかし名前がわからないのだ。オレだって”この料理の名前はナンですか?”と位は英語で質問はしたのだが、返ってくるポルトガル語はまるで意味不明!! だからこのページを読んでもらっても、ひょっとしてなにか残尿感というか、何かやるせなさに近い様な・・・せめて好奇心が旺盛で、なにかを調べる事に長けたアナタならばその名前など教えてくれても大歓迎だ。結論から言うならば、こんなに遠い店でも、是非とも人生の中でもう一度、行ってみたい店、それがこの”なんちゃらオリビアーラ”という店だ。

ポルトガルの天国に近いディナー"ナンとかオリビアーラ"

店名すら正しく読めない・・ ここに行き着いたのは偶然ではない。ある方からの推薦だった。人を介して紹介していただいたポルトガルの現地コーディネーターからのご推薦で、この店に言って食べなければポルトガルに行く意味が無いという位の推薦文が書いてあった。(コーディネーターという職業、なろうと思ってなれる職業ではない。例えば広告代理店が制作会社を通じてポルトガルでCMの撮影とか、街を紹介するテレビ番組などを作るとすると企画の段階で登場して相当に威力を発揮するのがコーディネーターなのだ。撮影に相応しい場所などをロケハンなるロケーションハンティングをして決めたり、撮影の許認可などを下ろしたり、現地の人々との交渉をしたり、とにかくその職域は本当に幅広い、まさに現地を知り尽くした人の成せるワザの集積がこの仕事なのだ。)

ポルトガルの天国に近いディナー"ナンとかオリビアーラ"

という事は、”絶対”なのだ。まさに神からの啓示!!どこにあるかわからんが、そんな彼女からのアドバイスでとにかくココで食べよとの指示! それは行くしか無いでしょ!(笑) 最近では便利な事にカード会社がこんな雑務も請け負ってもらえるので予約だけは入れてもらった。そして当日、リスボンからは一日タクシーをチャーターして向かう。このエボラという街、本当に素晴らしい街でした。さすがの世界遺産です。どこの場所でも本当に”絵”になるんです。  さて、待ちに待って予約の時間になり入店したが、レストランのオーダーは心配ない。というのは全てプリフィックスメニュー(コースメニュー)だからどんどん出てくるお食事をドンドンといただいて行くという流れ!

ポルトガルの天国に近いディナー"ナンとかオリビアーラ"

ポルトガルではスペイン料理で言うところのピンチョス(前菜的な小皿料理)が座るやいなや出されるのだが、それがまた、とにかく名前がわからないが片っ端から美味いのなんのって・・・肉も野菜も豆も魚も・・・ポルトガル料理が日本人に合うとは聞いていたが、まさにこんなにドンピシャだなんて・・・結局、料理の名前は一つもわからないままに、今回は終了します・・・この店、間違いなく、人生でもう一度は行く店です! とにかく片っ端から美味いんですから!!(笑)

ポルトガルの天国に近いディナー"ナンとかオリビアーラ"

※店内にはやたらに沢山の受賞した賞状が飾ってありました。やっぱり美味しいんだ!!

  • Tasquinha do Oliveira Rue Candido dos Reis 45 A -Evora 7000-582 EVRA 266744841
  • 定休日 日曜
  • 城壁内 カルバリオ修道院のある道沿い。
  • エボラはポルトガルのリスボンからクルマで二時間弱。大丈夫!行く価値あり!