同じ日本の西と東で気温差27℃っ!!

2015年1月27日 今年も気温差27℃の日本を味わった。
1月27日の夜は北海道は札幌で復興支援のミーティング “拓次郎プロジェクト”の札幌ミーティングが開催。
という事で午後のフライトで、気温8℃の東京を千歳に飛んで、現地の気温はマイナス5℃。
そしてミーティングが終わって、ススキノの外の温度はマイナス10℃。
(ここでのススキノは特に意味がある場所では無いです。)
衣装はユニクロの寒さ対策用のヒートテック、ネルシャツ、そして薄手のセーターに厚いダウンジャケットだ。

メシ食って出てきた札幌の街は当然に吐く息は真っ白だし完全なる雪景色。
その時の気温は10℃以下。
そして翌朝は10時のフライトなので朝イチにホテルを出発。
ニュースの天気予報でマイナス10℃。
ここでの衣装選択がかなり高度な技。
何故ならばホテルの外、移動、そして千歳空港内までは明らかなる極寒!
(ちなみの北海道人に言わせるとマイナス5℃程度は『今日は温かいね!』と表現する。)

厚手のダウンジャケットに中は普通のシャツ一枚。そして飛行機の機内は普通の温度なのでシャツ一枚でオッケーなんだけれど、那覇空港に着いたら、そこはアジアの一角という温度で20℃。
沖縄にしたら20℃は年間で一番寒い季節になるので、沖縄市民はみんな凍り付きそうになっていて、出迎えの友達も『ケージローさん!今日は冷え込みますねぇ!』なんて平気で言うし、実際20℃を割り込むと街にはダウンジャケットを着込んで背中を丸めた沖縄人が多く見受けられるようになる程・・・・

本当に狭い日本なのに外国かと思う様な別世界を味わえるのがこの季節の醍醐味。
是非、この感覚は味わって欲しい世界です。狭いながらも四季折々の楽しさが備わっている日本の季節〜〜最高なんです。