空白の日の使い方

2016年7月30日
沖縄は年に12回は来ているけれど、
おそらく世の中の人々が思う沖縄旅行とは違っていると思う。
従ってその手の緊張もワクワクもない。
逆に“住人気分”の安定した楽しみ方がある。
今日は日中が全く空白となった。
外は快晴!
ホテルのプールで日向ボッコ、
近所のカフェでお茶など楽しみ方もあるが、
またまた桜坂映画劇場に来ている。

 

IMG_3757

 
ここは1952年に開業した芝居小屋の“珊瑚座”で
1953年に映画館に転身し
シネコンとして松竹や東宝系の映画を上映していたが
2005年に閉館。
大手のシヨッピングモールなどに併設するシネコンにやられちゃったんでしょう。
ここまでは良くある話。
ところが、文化的発展の為にも潰してはいけないと、
映画監督の真喜屋力氏と中江裕司氏(株式会社クランク)
が運営を再開。
世界中の面白い映画を常時15本程度を一日中、
上映するというスバらしい映画館として生まれ変わったのだ。
映画はハリウッドだけではないのです。
(ここは3つのスクリーンがある。)

 

IMG_3760

 
きっと経営はそんなにラクチンとも思えず、
会員制度になっていて協賛金的に募っている。
沖縄の文化レベルを知るには素晴らしい場所で、
映画館だけでなく、桜坂市民大学と言って、
寄席、コンサート、講演会、民謡教室、語学学校、
様々なクラフト、ダンス、様々なアクセサリー教室、楽器教室
・・・多岐に渡るプログラムが用意されているのだ。

 

IMG_3759

 
そしてここのカフェも好きだし、また雑貨を売っているシヨップもかなり良い。
会員には毎月、月刊誌が送られて来るのだが、これまた充実。
“沖縄で暮らす“という事がワクワク出来る素晴らしい施設なんです。
ここが成功例として全国で真似られたら素晴らしいと思うし
(ここが何処かを真似したのか定かではないけれど・・・)
少なくとも住民にとって最高の文化施設である事は間違いない。
今日は結局、11:00に行ってヨガを世界に広めたインド人
“永遠のヨギー/ヨガを巡る奇跡の旅”
二本目が韓国歴史映画で李朝の史実を題材にした
“王の運命/歴史を変えた八日間”
そしてテキスタイルで世界を制した
フィンランドのマリメッコの創業者の人間模様を綴った
“ファブリックの女王”
と三本立て続けに鑑賞。
途中でカフェで一人ランチを楽しんで、本当に良い時間を過ごせた。
これからお仕事です!!!!
なんだかリフレッシュできて気分爽快。
間違い無く沖縄の、そして日本のボクのお気に入りスポットの一つです。
桜坂映画劇場&桜坂市民大学