「あわび」タグアーカイブ

フカヒレ三昧、あわび三昧!!

フカヒレ・・・英語だと”シャーク・フィン”になる。サメとフカの学術的な違いは良くわからないが、誰がいつ、フカのヒレだけを乾燥させて水で戻して食おうなんて思ったのか・・・水中で生きている時から、あのネバネバ感が残っているのか、とにかく良くわからない事だらけだが、”世界の珍味”とはそんなモノであろうかぁ。

フカヒレ三昧、あわび三昧!!

世の中には”フカヒレ”を食べた事が無いとおっしゃる方もいらっしゃるから、その食感を解説すると、”ヤルキ満々な春雨がタバになって固まった・・・コリコリ・ヌルヌルのゼリーに繊維状の食感・・・要するに”ヌルッ “として”コリっ”とした食感・・・わかるかなぁ。 とにかく珍味なんです。 そのフカヒレを食いまくるのが”専門店”なのだ。 ボクはとにかく”センモンテン”・・・大好きです!!日本の宮城県の気仙沼 (けせんぬま) は良質なフカヒレの有名な産地なのだが、あまり宮城県や東京でフカヒレを目玉にした店は多くはない。(東京・恵比寿に筑紫楼があるくらいかなぁ。中華街には扱う店は多いがメインではない。)

フカヒレ三昧、あわび三昧!!

という位、名前は知っているが馴染みが無いのがフカヒレ。 ここタイのバンコクはフカヒレ料理店がやたらに有名だ。 今回、紹介の”スカラ・シャークフィンレストラン”だが、片っ端から散々、食べて最後にはメニューには無い”フカヒレ・ラーメン”まで作ってもらってお一人様6000円!!これが安いか、高いか!?(ちなみにタイ人の平均給与は6万円程度)従って贅沢品には違いないがコリコリヌルヌルな時間は最高だった。

フカヒレ三昧、あわび三昧!!

フカヒレの効能としてはコラーゲンの塊なので相当な美容効果が期待出来るのだが、すでにバンコクでは高温多湿で、しっとり感を通り越してじっとり感、いやベタベタ感、いやベッッタァァ?感になっているので、効果は確認できなかったが・・・・・”みのもんた”の番組じゃないんだから効能なんてどうでもいい!美味いが一番!! タイに行ったらフカヒレ三昧でしょ! 重要な事だが、この店のチャームポイントなのが、ワイン類は持ち込み可能で、むかえのショッピングモールには素晴らしいワイン屋さんがあるのでバッチリ!

フカヒレ三昧、あわび三昧!!

  • 銀都魚翅酒楼 有限公司(1992) スカラ・シャークフィン レストラン
  • 218-218/1 サイアムスクエアー1、バンコク、タイランド
  • 電話 252-0322 251-8899、251-4799、250-1634,254-1699  (なぜ、こんなに沢山の電話があるの!?) (スカラ映画館前)
  • MBK東急ストアの交差点をサイアム方面に戻り最初の角を右に曲がった左側、向かいが映画館。

※ここはアワビ専門店でもあるが、アワビはいただきませんでした。なんだかそんなゼータクしたらバチが当たる気がしたもんで・・・・