「日記」カテゴリーアーカイブ

満月ナイト@富士山〜そりゃ楽しい!

2018年5月30日
いつの年頃からか満月が待ち遠しくなった。
あの優雅で神秘的な光、
自分が宇宙で暮らしている事を教えてくれる光が待ち遠しい。
そして同様に見ていてワクワクする山、富士山。
日本人ならば大好きな山のひとつだ。
そう言えば富士山が嫌いだとか、
見ているとムカムカくるなんて奴は聞いたことがない。
ニッポンジンとして生まれて富士山に思いを馳せない人はいない。

その二つのマイフェイバリットが
同時に見れるなんて最高ではないか。
それも大自然の中から。

冬の北海道のスノーボードツアーの最中で
その話題からこの日のちが決定。

春頃で夏前の平日で満月の日、梅雨のリスクは避けたい・・・・・自然と5月29日と決定。
(しかし誰がどんな計算で満月の日にちを未来まで計算したの?ありがたいことだ。)
場所は僕には“お初”だったけれど
静岡県と山梨県の境目に位置する
“ふもとっぱらキャンプ場”だ。
行って見てびっくり仰天
“名は体を表す”の言葉通りの
巨大な“原っぱ”だ。
広さの数字は知らないけれど、
この原っぱ状態のキャンプサイトだけれど大人気。
全くの“放置”スタイルで
キャンプサイドが細かく仕切られていない。
なんとこのフリーな場所に
ゴールデンウィークは1500台、
マックスだと2500台が入るそうだ。
そんな所に行きたくもないし
・・・・そんなだだっ広いキャンプ場に
当日いたのは多く見ても10台、
人数で20人・・・・全く貸切と言っても良い状態。

天気予報は少し残念気味だが、
そんな時は天気予報は信じません。(笑)
我々は様々な都合上、夕方に到着。
山梨のスノボー友達の
H君チームの3人が先に来て準備をしてくれていた。
これはありがたい。
もっとはっきり行ったら買い出しから設営、
料理までやってくれて
夢の“上げ膳据え膳”状態。
(改めてありがとうございます。)

 

 

 

乾杯する頃は
薄雲の中にうっすら富士山のシルエットだったが、
日が暮れて何が起こったのか、
気象的な事はわからないが、
だんだんと富士山が浮かんで現れて、
その横に雲の中からボワァーンという感じで
“満月”も登場!!

 

 

美しい。
富士山の大きなシルエットと満月
〜〜〜もう歓声まで上がってしまった。
余談だがここから見る富士山はかなり麓
(ふもと)の下から下まで、
要するに全シルエットが見える事で有名。

そんなスチエーションで食べるもの、
飲むものは10倍、
いや20倍も美味しくなる。
(その上に準備までやってもらえたら二乗倍だ。)

夜更けまで個人的には時差ボケと戦いながら
H君たちと楽しい時間を過ごせた。
彼らが作ってくれたポトフ(煮込み)、
スモーク類、実に美味しかった。
そんなオカズに選んだのは
バーボン&ソーダが美味しかった。
彼らのキャンプスタイルも研究させてもらえ
勉強になることばかりだった。

また秋のある満月の日にやりましょう!
〜〜〜〜〜と提案してください。
持つべきは友達だ。

間違いなく尋常じゃない。

2018年5月15日
間違いなく尋常じゃない。
何を焦ってこんなにハードなスケジュールを組んだのか。(笑)これも充分に変態な旅だ。
そして文化的座標軸を示したらありえない幅広い動きになってる。
今回は5月10日からのEDCが中心に旅を組んだ。
わかりやすく言えば気の向いた場所をホッピング。
俺にとって新しい場所はないけれど
リピートしたかった場所ばかり。
① アントワープ/
ベルギーとアムステルダム/
オランダでボートハウスに泊まる
② EDC参加で ボルドー/フランス
③スペインのバスク地方で
ピンチョス食いまくり、飲みまくり!
④リスボンを訪ねてサーディン缶詰チェック!
⑤モロッコのマラケシュのフエ とエッサビラ訪問!
⑥ウィーン/オーストラリアでまったりお口直し。
こんな6ステージになっている。
まずこんな組み合わせを考える人はいないと思う。
ある意味、無茶苦茶だ!!
だからこそ楽しめるのだ。
とにかくこの季節のこの地域は本当に気持ちいい季節なのだ。
もう寒くはないのでかさ張る防寒具も必要なしね。
昨日、ステージ2 ボルドーが終わって
今日からバスク地方/サンセバスチャンに移動!
リピート地ばかりだけれど楽しみだ。

一時帰国!!

2018年4月30日
はっきり言ってどうかしてる。(笑)
自分のスケジュールをみて呆れ返る。
今年に入って2月に2週間のオーストリアのメルボルン、
3月は3週間のハワイハワイ島&オアフ島、
帰って一週間後にカリブ海変態ツアーで3週間弱、
今、”一時帰国中” で
来週からまたまた3週間のヨーロッパ、
そして帰国して
恒例の3週間の北海道キャンプツアーだ。
どこにいても仕事はある程度は出来るし、
素晴らしいスタッフのお陰だ。

どんどんと地球が小さくなっていると感じる。

そもそも中学生の時に
毎日同じ場所に通う事に激しく違和感を覚えていた。
『毎日、違うところに行きたい!』
なぜかそんな事を思っていた少年時代だった。

 

一時帰国は楽しい。

予定がガッツリと入っている分、
仕事を全て片付けると本当に充実だ。

東京にいるんだけど、どこか観光客な気分も中々好きだ。

こんなペースで一年先まで予定は入っている。
こんなワクワクする予定が
ガッツリ入ってると死ねないと思う。( ◠‿◠)

 

変態旅行友の会 2018

2018年4月6日
この春の恒例の”変態旅行”もう8周年になる。

決して性的な変態の仲間ではなく、
普通の人が全く行きたくならない場所ばかり。
秘境、辺鄙、未開拓、情報なし
・・・・そんな言葉がお似合いな場所ばかりを責める旅だ。
今回は 常夏を感じにカリブ海を選んだ。
南米の上、中米の右、訪米フロリダの下、
かなり赤道もちかい、そんな場所。
行く国は
1.カナダ🇨🇦
2.アルバ🇦🇼(オランダ領)
3.キュラソー🇨🇼(オランダ領)
4.トリニダード・トバゴ🇹🇹
5.セント・ルシア🇱🇨
6.ドミニカ国🇩🇲
7.グアドループ🇬🇵(フランス領) transit
8.マルティニーク🇲🇶(フランス)
9.バルバドス🇧🇧
10.アンティグア&バブーダ 🇦🇬
11.セント・キッツ(クリストファー)&ネイビス 🇰🇳
▽セント・マーティン島
12.サン・マルタン(フランス領)
13.シント・マールテン(オランダ領)🇸🇽
※フランス領オランダ領で
呼び方も国旗も首都も
通貨も言語も国会も異なるので、
ここは
2カ国扱い。
【変態旅行友の会公認】
14.アンギラ🇦🇮(イギリス領)
※予定には無いが
フェリーで
25分なんで出来れば行っとこう!
15.バージン諸島(イギリス領)🇻🇬 transit
16.ドミニカ共和国🇩🇴
17.キューバ🇨🇺
と合計17ヶ国。
俺にとって新しい国はその中で15ヶ国も存在する。
帰りにキューバでクロージングする都合上、
アメリカからの入国は政治的に難しく、
隣国カナダからアメリカを飛び越えてカリブ海へ行く。
毎日、1カ国づつ回るイメージだけど、
中にはそれじゃもったいないと言う島もあれば、
1日で充分と言う国もある。
スタートして1週間、
まだ折り返しまえだけど、
本当に濃い日々だ。
YOLO!
You Only Live Once!
人生は一度だけ!

やはりホノルルかな!?

2017年3月31日
昨日、ハワイから3週間の旅から帰ってきた。
“旅”というより生活的なノンビリした時間のハワイだった。
一番の目的はリーダーシップセミナーへの参加。
今回はファミリープログラムという事で
盛り上がりに盛り上がり
参加者はなんと過去最高の4200人。
“よんせんにひゃくにん“のハワイってどんな!?
ヨンセンニヒャクニンのパーティーってどんな?
その主催者側のコントロールも興味津々!
レギュラー(家族を連れて行かない班)から
家族連れの1班から4班に、
トータルで5班に別れた。
全員が集まるのは26日のみ。
ハワイに普段は日本人が毎日5000人がインして、
そしてアウトする。
と言うことはハワイに来ている人の20%近くが関係者だ。

我々のグループは毎年、食事会がある。
どこの国に行ってもランチタイムに集まって
食事をするのが恒例だ。
今年は家族連れ
(子供はもちろん、
両親を連れてくる人々も多数。)
で総数で100人近くの大所帯となり、
店もなかなか決められなく、
結局はアラモアナ公園内のマジックアイランドで
ガーデンパーティーをした。
食事は地元の人々から愛されるピースカフェに依頼。
ビーガンフード人気ナンバー1な店だけあって、
出てくる料理は健康的を超えて健康そのもの。
(基本オーガニックの自然食品)で
年配の方々にも本当に喜ばれた。
何より天気にも恵まれて2時間のパーティーは終始和やかで、
笑いの絶えない素晴らしい時間になった。

さて、今回はそのセミナーの前後で
ホノルルとハワイ島で2週間近くを過ごした。
ここにいるだけで幸せな気分になるホノルル。
そこに楽しい仲間といればサイコーに決まっている。

「世界で一番住みたい外国の国は?」
とよく聞かれるけれど、
その答えはやはり「ハワイ/ホノルル」だ。
言葉がよく通じる(笑)
気候が最高、
安全な食材が手に入る、
素晴らしい海に山、
素晴らしいレベルのレストラン、
島に独自の古くからある文化がある、
人々がハッピー、
ゴルフもサーフィンも天国、
交通機関が不満だったけれど
Uber(ウーバー/民間タクシー)と
VIKI(レンタル自転車)
のおかげで世界は変わった。
この街の問題点は物価が高めなことだけれど、
そこは稼げばいいだけの話。
逆に経済的なことで
アジアのどこかの非文化地域で暮らす人の話を聞くけれど、
さっぱり理解が出来ない。

あなたにとっての地上の楽園はどこ?
そんな場所を探す旅も楽しいね。

 

人生には夢があったほうがずっと楽しい!
夢なきところに現実なし。

人に出会うという事

2018年3月15日
本当に多くの人と知り合う人生だ。
人数は数えたことはないけれど相当だ。
これが良い事なのか、良くない事なのだかはわからない。
様々な刺激を受けて、勉強できて影響される事はすばらしい。
ただそんな出会いを一つ一つ丁寧に処理を出来ていないのが
自己厭悪に陥る部分だ。
ハッキリ言って贅沢な悩みだ。
でもそんな人との出会いは“ご縁”でしかない。
縁があればまた会えるし、
いくら盛り上がってもそれっキリという人はいる。
ただ瞬間で判断できないのが困る。

人を観察するのは楽しい。
オレもひよっとして人から観察されていると思うし、
オレ以上にオレを理解している人がいるのかもしれない。
そもそも一番わからないのが自分自身だから
・・・・そして何より自分自身も相手にとって、
刺激のある人でいたいと思う。

 

俺が嫌いな言葉が“貧乏”だ。
これは単に金銭の問題だけでなく、
発想、思考、行動を含めての“貧しい”という意味でだ。

そんな“貧乏”な人々の残念な特徴・・・・・・・・・・

1 すぐに人を疑う

2 すぐに人のせいにする。

3 すぐに保留にする。

4 今の事しか考えない。

5 自分の事しか考えない。

6 大した事ない事しか考えない。

 

出会った人を速攻で判断とかしないけれど、
話し込んでいき、
付き合っていくうちに上記の事が垣間見れたら、
残念だが付き合いが深まることはなくなる。
それは悪影響でしかないから。
そんな貧乏の時間つぶしに
人生の貴重な時間を使うのは残念だ。
幸いオレの周りにはその類の人はいない。
それが“環境”だ。
少し話が飛んでしまったが、
無駄な事に費やすほど人生はヒマではない。

今日も刺激的な素敵な出会いを求めている。

居酒屋ケージロー

2018年2月28日
居酒屋ケージローなるイベントをやっている。
イベントというよりわかりやすく言えばホームパーティーだ。
ただホームパーティーというと
敷居が随分と高いみたいで、
居酒屋ケージローという名前にしたら
いきなり人気が出た。(笑)
居酒屋とホームパーティーだと
ゲストの着て来る服も違う。
人はカジュアルな空気が好きなんだねぇ。
まぁホームパーティーって名前だと
なかなか出す料理とかも考えてしまうけれど、
居酒屋なるネーミングだとグッと気が楽だ。
だいたい毎回、常連メンバーがいて、
その人たちが
周りの面白い人々を誘って来るというのが常日頃。
前回、来ていた人々は外資系金融マン、
医療系サラリーマン、整形外科医、
ディスプレイ専門家、ウエッブデザイナー、
日本文学を研究するイタリア人、
居酒屋店員の旅人、輸入家具会社、
人妻の自営業者、ミス日本の4位の美女大学生、
インテリアデザイナー
・・・・・それはそれは面白い会話になるでしょ!
毎回毎回、この異業種っぷりが面白くてやっている。

だいたいマックス16人でやるんだけど、
それだけの量の料理を
段取りから一気に作るのは
正にスポーツ感覚でしかない。
もちろんそれは面白く楽しめる時間だ。

今回は、鳥肉のトマト煮込み、
オリーブとアンチョビのバーニャカウダ
山芋グラタン、
あぐう豚の焼売、
ささみバジルペースト、
濃厚生姜の鳥唐揚げ、
よだれどり、ゆりね素揚げ、
島豆腐チャンプル、
トマトのペンネ、ベジ麻婆豆腐などなど。
片付けもみんなが手伝ってくれるから
益々仲良しになれるのが最高だ。

まぁ当然に飲めない人はあまり来ないかれど、
お酒が好きという人々、
共通の盛り上がり感は最高です。
焼酎、ビール、ワインと飲む人はバラバラ。
そんなのが“宅飲み会”のいいところ!

また来月も楽しみだ!

未来年表・・人口減少の日本でこれから起きる事。

2018年2月15日
とても勉強になる本を読んだ。
未来年表(河合雅司 著/講談社現代新書)という本。
本屋さんでも平積みになっているから
是非とも手にとってみましょ。
そこには目を背けたくなるような事ばかり。
全て数字から裏打ちされた
間違いなくやってくる”少子高齢化”
の日本の未来が書かれています。
俺も含めて、その事をナメてましたね。
老人が増えればどんな社会構造になるのか、
子供が少なくなるとどんな困ったことが起きるのか。
普段はあまりマイナスなものは避けがちなオレだけれど、全て事実に基づいた”数字”で表す。
そこから何が起きる可能性があるのかの
未来像が見えてくる。

人口減少は悪いことばかりではないと言うのは明らかにウソ。
本当にこれから日本に起きる国家危機。
問題解決するにも効果が出るのは数十年後。
細かいデータから追いかけると
何年頃から世の中で何が起きるかが明らかになる。
決してネガティブではなく、
脅かすわけでもなく、ただの事実。
前半だけ読めば本当に落ち込みます。
ただ筆者は後半でそれに対しての解決策を
明確にしている。
『戦略的に縮む』こそ未来を生きる道筋。
自分の時代が大丈夫ならばオッケーなんてとんでもない。この素晴らしい日本の日本文化を、
日本人の生活を
未来にちゃんと繋いでいくのが我々の仕事。
まだ今からでも出来ることをズバズバと、
ある意味 斬新的だけど既存の考え方を捨てて、
いや捨て切って 未来に向かえる。
『20世紀型成功体験との決別』こそがキーワード。
痛みもあるかもしれないけれど、
これを覚悟しない限り日本に未来はないのは事実。
しっかり未来に希望を持てる社会を作りたい。
とにかく
国民全員がちゃんと読んでほしい。
今まで日本を作ってきた人々、
これからの日本を担う人、
全員が知るべき内容ですょ!

未来は明るい(と思いたい)
から一歩を踏み出そう!

 

モノを作る楽しみ・・・陶芸にハマる。

2018年2月1日
最近の密かなお楽しみは“陶芸”だ。
実際に月に一度程度でしか行くことができないけれど、
その時間はなかなかの至福の時間だ。
土をコネて、自分の作りたいものを想像して、
形にして行く作業はなんとも言えない。
そして後日、乾燥してから釉薬(ゆうやく)をかけて色を付けて行くのだ。
その工程が楽しすぎる。
そして出来上がって見ると、
実に自分が思ったモノと違うものが出来上がってくる。
それはそれで楽しいモノだ。
だいたいオレの場合は
『そのお皿で何を食べようか? 何を飲もうか?』
からスタートする。
その食材を思い浮かべて、
それを美味しく食べるにはどうしましょ?!
と考えるのが楽しいし、外食をしていても、
その店の食器がものすごく気になるのだ。

オレの先生は実におおらか。
以前、一度だけ別の先生から習ったことがあったのだが、
あれはいけない、これはダメだ
・・・とダメ出し多数。
今のN先生はなんでもオッケー!
どんどんイケイケ!
ボクは作業が早いらしくドンドンと作品が出来てくる。

モノを作るという事は本当に楽しい。
生涯の楽しみにしたい趣味だ。

 

19数年間、ありがとう!

2018年1月15日
今の10代に言わせれば“千年代の出来事”だ。
スノーボードを始めたのが30代の後半
(ヤバっ、俺はもう20数年のキャリア)
そして恒例の今年もスノーボードツアーを開催した。
今回で記念すべき第19回目だ。
1999年が第一回目と記憶している。
わぉ!20世紀から続いているイベントだったのだ。
多いときは120人、少ないときは6人と激しいバラツキもあったけれど、
続けて本当に楽しいことばかりだった。
宿泊はずっと留寿都高原のルスツ・リゾート、
現在は身売りされてウェスティンホテルになったけれど、
とにかく何故かこだわりがあってずっとここで開催して来た。
ここのゲレンデは大好きだ。
ニセコやキロロもファンが多いけれど、様々な観点からここが好きだ。

さすがにこれだけの大所帯になると
宴会の企画もかなり苦労した。
近所の大きな居酒屋・丸光は何年も開催させてもらった。
定員70人に120人も入ってむちゃくちゃだったなぁ。
ここは親父が高齢で引退してやむおえなく終わり。
ジンギスカン屋の三幸食堂は定員40人に
70人以上入って盛り上がったが、
やりすぎて改装したばかりの新しい壁に
大きな穴を開けてしまって出禁(出入り禁止)へ。
ホテルも宴会場を用意してくれたけれど、どうも違う。
カズちゃん食堂も気前よくやってくれていたけれど、
代替わり(親から子へ)でガッカリなお店に降格。
ローカルの友達も散々、力を貸してくれ探してくれた。
喜茂別のホテルや居酒屋さんなど感謝している。
だけれどどこか一体化出来なかった。
そう、このツアーで最も大切なことは一体化なのだ。

最終回の今回も20代、30代、40代、50代と
幅広い年齢層、そして地域、
職業だったけれど完全な一体化!
これが楽しいんだねぇ。
ケンシロウが言ってたけれど、
サーフィンは行きと帰りの車の中は一緒だけれど、
海に入ったら別々、
そして一本の波に一人が鉄則だから意外に一体化はしない。
だけれどスノボーは一緒に行って
一緒のゲレンデを滑って
一緒のリフトやゴンドラと
ずっと一緒なので一体化できると。
確かにそうだ!

俺が主催者を止めるのは引退ではなくて代替わり。
これからは麻美andケンシロウに主催はしてもらって
参加者として加わります。
もちろんまだまだ滑りたいしね。
もっと上手になりたいと思う今日この頃です。

 

とにかく一度でも参加してくれた皆さん、ありがとう!

 

麻美andふたばチャンが
過去のホームページから抜粋して
スノボーツアーのアルバムを作ってくれた。
これが本当に懐かしい写真が一度に見れて嬉しかった。