「日記」カテゴリーアーカイブ

未来年表・・人口減少の日本でこれから起きる事。

2018年2月15日
とても勉強になる本を読んだ。
未来年表(河合雅司 著/講談社現代新書)という本。
本屋さんでも平積みになっているから
是非とも手にとってみましょ。
そこには目を背けたくなるような事ばかり。
全て数字から裏打ちされた
間違いなくやってくる”少子高齢化”
の日本の未来が書かれています。
俺も含めて、その事をナメてましたね。
老人が増えればどんな社会構造になるのか、
子供が少なくなるとどんな困ったことが起きるのか。
普段はあまりマイナスなものは避けがちなオレだけれど、全て事実に基づいた”数字”で表す。
そこから何が起きる可能性があるのかの
未来像が見えてくる。

人口減少は悪いことばかりではないと言うのは明らかにウソ。
本当にこれから日本に起きる国家危機。
問題解決するにも効果が出るのは数十年後。
細かいデータから追いかけると
何年頃から世の中で何が起きるかが明らかになる。
決してネガティブではなく、
脅かすわけでもなく、ただの事実。
前半だけ読めば本当に落ち込みます。
ただ筆者は後半でそれに対しての解決策を
明確にしている。
『戦略的に縮む』こそ未来を生きる道筋。
自分の時代が大丈夫ならばオッケーなんてとんでもない。この素晴らしい日本の日本文化を、
日本人の生活を
未来にちゃんと繋いでいくのが我々の仕事。
まだ今からでも出来ることをズバズバと、
ある意味 斬新的だけど既存の考え方を捨てて、
いや捨て切って 未来に向かえる。
『20世紀型成功体験との決別』こそがキーワード。
痛みもあるかもしれないけれど、
これを覚悟しない限り日本に未来はないのは事実。
しっかり未来に希望を持てる社会を作りたい。
とにかく
国民全員がちゃんと読んでほしい。
今まで日本を作ってきた人々、
これからの日本を担う人、
全員が知るべき内容ですょ!

未来は明るい(と思いたい)
から一歩を踏み出そう!

 

モノを作る楽しみ・・・陶芸にハマる。

2018年2月1日
最近の密かなお楽しみは“陶芸”だ。
実際に月に一度程度でしか行くことができないけれど、
その時間はなかなかの至福の時間だ。
土をコネて、自分の作りたいものを想像して、
形にして行く作業はなんとも言えない。
そして後日、乾燥してから釉薬(ゆうやく)をかけて色を付けて行くのだ。
その工程が楽しすぎる。
そして出来上がって見ると、
実に自分が思ったモノと違うものが出来上がってくる。
それはそれで楽しいモノだ。
だいたいオレの場合は
『そのお皿で何を食べようか? 何を飲もうか?』
からスタートする。
その食材を思い浮かべて、
それを美味しく食べるにはどうしましょ?!
と考えるのが楽しいし、外食をしていても、
その店の食器がものすごく気になるのだ。

オレの先生は実におおらか。
以前、一度だけ別の先生から習ったことがあったのだが、
あれはいけない、これはダメだ
・・・とダメ出し多数。
今のN先生はなんでもオッケー!
どんどんイケイケ!
ボクは作業が早いらしくドンドンと作品が出来てくる。

モノを作るという事は本当に楽しい。
生涯の楽しみにしたい趣味だ。

 

19数年間、ありがとう!

2018年1月15日
今の10代に言わせれば“千年代の出来事”だ。
スノーボードを始めたのが30代の後半
(ヤバっ、俺はもう20数年のキャリア)
そして恒例の今年もスノーボードツアーを開催した。
今回で記念すべき第19回目だ。
1999年が第一回目と記憶している。
わぉ!20世紀から続いているイベントだったのだ。
多いときは120人、少ないときは6人と激しいバラツキもあったけれど、
続けて本当に楽しいことばかりだった。
宿泊はずっと留寿都高原のルスツ・リゾート、
現在は身売りされてウェスティンホテルになったけれど、
とにかく何故かこだわりがあってずっとここで開催して来た。
ここのゲレンデは大好きだ。
ニセコやキロロもファンが多いけれど、様々な観点からここが好きだ。

さすがにこれだけの大所帯になると
宴会の企画もかなり苦労した。
近所の大きな居酒屋・丸光は何年も開催させてもらった。
定員70人に120人も入ってむちゃくちゃだったなぁ。
ここは親父が高齢で引退してやむおえなく終わり。
ジンギスカン屋の三幸食堂は定員40人に
70人以上入って盛り上がったが、
やりすぎて改装したばかりの新しい壁に
大きな穴を開けてしまって出禁(出入り禁止)へ。
ホテルも宴会場を用意してくれたけれど、どうも違う。
カズちゃん食堂も気前よくやってくれていたけれど、
代替わり(親から子へ)でガッカリなお店に降格。
ローカルの友達も散々、力を貸してくれ探してくれた。
喜茂別のホテルや居酒屋さんなど感謝している。
だけれどどこか一体化出来なかった。
そう、このツアーで最も大切なことは一体化なのだ。

最終回の今回も20代、30代、40代、50代と
幅広い年齢層、そして地域、
職業だったけれど完全な一体化!
これが楽しいんだねぇ。
ケンシロウが言ってたけれど、
サーフィンは行きと帰りの車の中は一緒だけれど、
海に入ったら別々、
そして一本の波に一人が鉄則だから意外に一体化はしない。
だけれどスノボーは一緒に行って
一緒のゲレンデを滑って
一緒のリフトやゴンドラと
ずっと一緒なので一体化できると。
確かにそうだ!

俺が主催者を止めるのは引退ではなくて代替わり。
これからは麻美andケンシロウに主催はしてもらって
参加者として加わります。
もちろんまだまだ滑りたいしね。
もっと上手になりたいと思う今日この頃です。

 

とにかく一度でも参加してくれた皆さん、ありがとう!

 

麻美andふたばチャンが
過去のホームページから抜粋して
スノボーツアーのアルバムを作ってくれた。
これが本当に懐かしい写真が一度に見れて嬉しかった。

 

2017年を振り返って!

2017年を振り返って見た。
今年もよく旅した。
いい加減、もう行きたくないなぁと思ったことが無いといえばウソになるけれど、
行って見たらやはり楽しいことばかり。
バンクーバーのLSの前にはイエローナイフにオーロラ鑑賞、
ウィスラーのスノボー合宿はひたすら面白かった。
ゲレンデは正直なところガッカリで
日本のニセコやルスツがブッチギリだと痛感。
3月は沖縄と台湾、
どっちも仕事がらみだけれど、だからこその体験ばかり。
4月はハワイのラナイ島へ。
ダイヤモンドフォーラムの会場はフォーシーズンズ。
この島はラリーエリソンの個人所有ということで未体験がいっぱい。
5月の変態アフリカは生涯、忘れられない旅となった。
ビクトリアフォールズとナミブ砂漠はぶっちぎり!
6月のEDC絡みのヨーロッパの後半で
悲願のアイルランドとアイスランドへ。
もう想像を超えた体験だった。
スクリプトマイケル、
そしてアイスランドの壮大な景色は半端ない体験。
北海道キャンプ、オキラクハウスライフ、
北海道の宇宙ステーションを巡るツアー、
秋の初・九州キャンプツアーは日本の歴史、
キリシタンの歴史が面白かった。
11月は寒さ凌ぎにホノルルステイ。
暮らす様に旅した。
最後は想像外のオーストラリア。
あまり好きでなかった国が大好きな国に変貌。
好きすぎて来年にも訪れる予約までした。(笑)
地球上の何処でもカルチャーがあって天気がよかったら幸せだ。
そんな楽しい事ばかりの2017年だった。
それが生活の主軸だからね。
仕事も普通に順調。
本当に人に恵まれている。
スタッフにも心底、感謝だ。
全国で美味しいモノもたくさん食べtれた。
なんだか中華料理はことさらたくさん食べたきがする。(笑)
年末には悲願だった
”うりぼう”
をまさかのカルロス 川上宅で食えたのは感動した。
あの柔らかく豊かな肉質は忘れられない。
もちろん悲しい別れもそれなりにあった。
年を重ねると、それなりに友達も多いので仕方がないけれど、
あの世とは中々、楽しい所らしいから、
そんな気持ちで送っている。
一つ、言えることは
”怒り”の数が圧倒的に減ったと思う。
そんな時間が、エネルギーが
もったい無い事に費やしたくなくなったのか。
という事で、好きでなかった人にも年賀状を書いてみた。(笑)
なんだか年を取るにつれ、
世界観がどんどん変わってくる。
視野も圧倒的に広がってくるし、同じ楽しみも倍増化している気がする。
来年も楽しみだな。
世間では将来の経済的な事に不安だと答える人が75%なんだと読んだ。
そんな不安エネルギーを
プラスのエネルギーに変えてあげる努力をしたいと思う。
未来に希望を持てる人生は素晴らしい。
そんな仲間をどんどん増やしたいと思う。

 

よく聞かれる質問!

『 海外に住むならば何処?』
世界130カ国以上の国を訪ねて、
その各々の都市を回って感じる事はいくらでもある。
いつも『この街、住んだらどんなかな?』
と思って見ている。
だからそんな質問は良くされる。
ホノルル、バルセロナ、ポートランド、
サンフランシスコ、ニューヨーク、
バスク地方、アムステルダム、
日本ならば福岡、神戸、下田
〜〜どれも決定的ではなかったけど、
これからは『メルボルン!』と答えると思う。
オーストラリアは2度目。
実は1度目の旅が相当にイヤで、
なぜか毛嫌いしていた。
(その時はシドニーのみ)
それなりに素晴らしいインセンティブのツアーだったんだけれど、
ハエがやたらに多くて
(その時は異常発生していたらしい。)
とにかく住みたいとか、
大好きな街とは言い難かった。
なので今回のメルボルンのインセンティブも
そんなに期待はなし。
むしろ気が乗らなかったくらい。
ところが来てみてビックリ仰天。
街のサイズ、都会度数、気候が良い。
何より 食
(見事な食材、レストラン、コーヒー)
文化、人
(多国籍の移民が暮らすのでフレンドリーな人が多い)、
位置
(時差がなく日本から移動出来るのは大きい)
と完璧かも。
あとオーストラリア人は
自分たちの住む大陸を
少なくともアジアの一部と考えているので
一般の西側諸国みたいに
アジア人をどこか見下していない所も感じる。
そんな流れで本当に現実的に未来が見えた。
東京 4ヶ月(春夏秋冬のいい時)
日本国内 4ヶ月
(北海道1ヶ月、九州1ヶ月、下田&その他2ヶ月)
海外 ( 初めての場所1カ月、好きな都市、南の島を2ヶ月)
今のところ、これが理想だな。
なので、近い将来に Air B n B
(民泊)を使って 短期間ででも
(10日間程度)
メルボルンに住んでみよう。
暮らすように旅する。
旅するように暮らす。
メルボルンに来てみて本当に良かった。
この”勘”が当たる事を祈ってる。
人が今の自分が暮らす場所を
サイコーというのはわからないでもない。
だけど、どうせならば世界を見て感じて、
そして比較して最高と言おうではないか!!
本当の自分のサイコーを、
探してみる旅もいいではないか。

デッちゃんの危機・・・・俺も凹む!

デッちゃんはウチのキャンピングカーの名前だ。
本名は“フィアット・デスレフ”と言う。
フィアットはシャーシーと駆動部、
居住部分がデスレフという
ドイツのキャンピングカーの専門会社が作っているのだ。
その頭文字を頂いてデッちゃんと呼んでいる。
デッちゃんは本当に奇跡のお買い物だった。
まず都内に6メートルのキャンピングカーを所有する人はそうはいない。
それは駐車場の問題が大きい。
購入した当時、この車を欲しくなって
「駐車場があったら買おうかなぁ!」
なんて思った翌朝、ジョギングしていたら
“空き駐車場”のサイン。
そこに理想的な駐車場を見つけてしまったのだ。
即契約!!そして購入。
ただオーナーが相当な老人だったので
不安があったのは事実。
(相続問題とかが出てくる可能性あり)

そして三年間後・・・・・
九州の三週間のキャンプを終えて帰ってきて
ポストを開けたら大家さんからのお手紙。
普通、大家さんと文通する人はいないので、
すぐに何の内容かは察する事ができた。
・・・・・困った。
本当に困った。
この三年間、より安全な駐車場を求めて
様々な方面に声をかけていたので、
駐車場を探す事がどんなに困難かは知っている。
与えられた猶予は2ヶ月
〜〜はっきり言って目まいがした。
ピンチ!!
2日間は久しぶりに落ちた。
遠くに停めて乗りに行く生活なんて考えられない。
それから数日間、
真剣に近所を歩き回り駐車場を探しまくった。
50箇所以上の駐車場をチエックしたと思う。
そこの駐車場が誰が所有しているか、
管理しているかもわかった。
中に時々、大きなスペースの場所もあったけれど、
空いていなけれどうしようもない。
近所の有力な駐車場を管理する不動産屋さん
数軒にも挨拶に行ったが、
どこもつれない答え
・・・・・もうピンチ!!!

そんな暗い数日が過ぎてから
気を取り直した。
気持ちがこんなでは
上手く行くものも行かないでしょ。
間違いなく出てくると思い込んだ。
近所の氏神様にも挨拶に行った。
(これ大切です。)
そして翌朝も駐車場探しの旅に!!
(平均一日に2、5万歩も歩いていた。)

するとどうだ!
“捨てる神あれば拾う神あり!”
つれない答えだった不動産屋さんが、
何と近所の地主さんの
貸す予定がないスペースを交渉してくれて、
一台分を借りられる事が出来たのだ!!
それも今までの駐車場よりも
50メートルくらいウチに近い。
(笑い)
嬉しかった。
本当に嬉しかった。
めちゃめちゃ愛を感じてしまった。
ありがたい!!
俺の普段の行いが良かったんだ
〜なんて言わないけれど、
助かった。
やはり“負け”をイメージしていたら
上手く行くものも行かないのだ。
全てに通じる大切な事を学んだと思う。
わかっているつもりが全然わかっていなかった。
肝に命じます!
“全て上手く行くに決まってる!”

東京モーターショーへ行って来た!

何年振りであろうか!?
東京モーターショーなるイベントに行って来た。
世界ではフランクフルトだ、デトロイトだ、
上海だとモーターショーが開催されているけれど、
なぜか興味は湧かなかった。
俺は熱血的な車好きだと自負するけれど、
どうも“現代の新車”は
こっちから見に行きたいとは思える感じではなかった。
とにかく新車というモノに興味が湧かないのだ。
あっちから来てくれるならば見てみようとは思うけれど、
間違いなく来てはくれまい。

たまたまプレス用のチケットを入手。
もちろんプレス用はプレス職人ではなくて
マスコミ関係者用のチケットだった。
まぁ入ってしまえば一緒なんだけれど。

小学生時代は晴海で行われていたモーターショーには
子供の頃に毎回、
友達と出かけていたことなど思い出した。
その頃は“憧れのクルマ”で、
当然にまだまだ非現実的であったけれど
将来を夢見て妄想しまくっていた。
(なので俺が欲しい車は
俺が小学生から高校生くらいの時代のクルマが特にそそられるし、
その頃のクルマは
現在とは全然違うコンセプトで
各社の個性が出まくっていて面白かった。
小学生の俺でも
BMWは美しかったし
メルセデスは荘厳
(今のモノとは格段に違っていた。)
アメリカ車は夢の象徴的なデザインだったし、
ホンダやトヨタは庶民に夢を与えていた。
もちろん時代背景が違うといえばそれまでだけれども、
当時はリサイクルだとか
安全性なんて概念は
誰も気にしていなかったからか、
今とは面白さが違う。
例えば車のデザインで
ヘッドライトは“丸”しかなかった。
だがその丸しかない中でのデザインの競い合いは面白かったと思う。
それがいつの日か四角いガラスへ
(80年代)
そしてプラスティック
(ポリカーボネイト)
になってしまい
(環境やデザインの幅を考えたらズッと良いんでしょうけれど……)
嘆かわしいのは、
現代のデザインは今のトヨタ車を代表する
マジッンガーZみたいな顔したクルマばかり。
オラオラした顔つきは可愛さなんて無縁になってしまった。

数十年振りのモーターショーは
子供の頃に見ていたものとは別物だった。
各社には少しエロ目なオネーサン
(コンパニオンさん)がいた。
小学生の頃は興味がなかったのか
目に入らなかったのかな。
昨年、アメリカの誇る最先端の電気自動車の
テスラに大阪で試乗してから
現代の自動車の概念が全て変わったのは事実。
未来の車に希望が持てるようになった。
俺が大好きな時代の車とは全くの別物だけれど。
しかし今回はテスラの出展はなかった。
感心したのはMAZDAのスポーツカー。
ポルシェやフェラーリですらなくなった
マニュアル車をちゃんと作っている。
車の運転の面白さはマニュアルしかないという事をわかっている。
デザインも素晴らしい。
トヨタのセンチュリーのモデルチェンジはいいねぇ。
ロールスロイスを意識したのは間違いないけれど、
あの威厳は国産車唯一。
間違いなく買うことはないが。
とにかく、今回のモーターショー。
ツッコミ入れ始めたらキリがないけれど総合的に面白かった。

自動車産業の未来はどこに行くんであろう。

 

DISCOVER JAPAN 九州編その2

2017年10月25日
旅の後半は長崎は雲仙、
島原の界隈を丁寧に回った。

 

 

大自然も感動したし
やはり多くのキリスト教会が点在していて
庶民の暮らしの中に入り込んでいる事には驚いた。

 

 

あと何処もだけれど
ひと気のない集落が多く
少子高齢化の恐ろしさも痛感。
熊本にはフェリーで渡る。
熊本では友人に会ったりと街の空気を楽しむ。
一度そこから北上して福岡へ。
福岡はさすがの大都市なので
キャンピングカーを停車するのに苦労するかと思いきや
環境も最高な大濠公園の脇の駐車場
(何と一日1300円と破格)
に停められることが出来て最高、
スタバは歩いて二分、
トイレも20秒。
そして阿蘇を抜けて
(阿蘇はもっともっと時間をかけてみるべき場所だと痛感。)
大分へ。

 

 

実は大分は今回の目的の一つで
人間ドッグに来たのだ。
わざわざ来た甲斐があって
大腸に小さなポリープを発見!
ラッキー
(後で悪性と断定!
生き延びました。)
平田先生に感謝だ。
丁度、大分で台風にぶつかって
平田先生のご配慮でもう一泊、
ひらた医院に宿泊させていただいた。

http://www.hirataiin.com

その後、
大分の寿司屋さんで紹介された
国東半島を周った。
昭和の街は面白かったなぁ。

https://www.showanomachi.com

その後は国東半島の
夕焼けが素晴らしい
夕焼け日本100選の
真玉海岸近くでキャンプ。
台風も抜けて素晴らしい環境だった。

九州は“道の駅”も数多く、
そこは野菜はもちろんだが
何と海産物(魚に貝類)
そして安全な肉類なども売っていて
キャンパーには助かる。
そして今回はキャンプ場に世話になることも一度だけ。
なのに北海道ほどはキャンパーにも会わなかった。
約三週間、走行距離は約3000キロ
…………でもまだまだ見足りない。
また来年も秋は九州だな!
ディスカバージャパン、日本を知ろう!

 

DISCOVER JAPAN 日本を知ろう!九州編

2017年10月15日
夏も好きだが秋も好きだ。
というか冬も春も好きなんだけれど
・・・・・キャンピングカーでの旅は春か秋が適している。
というかウチのキャンピングカーはエアコンの装備
(停まっている時に使える独立型)
が装備していないので真冬と真夏は乗らないだけのこと。

春には北海道を攻めたので、
秋には九州と決めた。
たまたまこの時期に
必ず通う人間ドッグが大分で予約していたのもあるけれど。

思い起こせば九州も全県は行った事はあるけれど、
大都市の真ん中か有名温泉と観光地程度。
じーっくりの旅はキャンピングカーに限る。

結局、九州までの行路を散々悩んだけれど
フェリーで東京から北九州まで送り、
人間は空路で二日後に追いかけた。
これ結局は大正解。
もっと時間に余裕があれば良いんだろうけれど
三週間の九州を楽しむにはこれがベストな選択だった。
それに高速道路とか1200キロも走ると考えるとゾッとする。

フェリーが到着したのは北九州は小倉。
車を載せて二日後に北九州空港への午前便で到着。
手始めに小倉で有名なウナギ(田舎家)で
セイロ蒸しを食しながら旅の工程を検討。

 

 

天気図なども参考に、
まずは福岡経由で佐賀の武雄を見学。
ここにあるスターバックスの店舗が
武雄図書館の中にあってめちゃめちゃにオシャレなんです。
そこから長崎の佐世保、波佐見、鬼木
をへて長崎にイン。
そこからフェリーで五島列島へ。

 

 

遠藤周作著/沈黙
(映画はマーティンスコセッシ)
を観て隠れキリシタンの250年もの迫害の歴史を
少しでも感じて観たいと思っていた場所。
そして海産物もやたらにお美味しそうだしね。
長崎に戻って、そこからツアーで軍艦島見学へ。
紹介してもらったフラックダイヤモンドツアー
(一人3900円)が本当に面白くて大充実。
滅多にない晴天&静かな海で
無事に上陸も出来て軍艦島の軌跡を知ることができた。
島原も想像以上に面白い。

 

 

フェリーで熊本へ
・・・・・ここまでで約8日間。
熊本で数日過ごし天草、福岡、大分
・・・・とて気分で廻る。

ホテルには一度も泊まらず。
(数カ所の“日本秘湯の会”の宿には泊まろうかと。)
この旅はこんな短い文章で書けるほどに単純ではない、
日々、奇想天外な体験をしまくっている。

人生はオーダーメイドだ。
やはり日々の刺激こそが大好きだ。

どうせ無理と思ってる君へ

植松電機の社長に会って来た

 

 

 

TEDのスピーチを聞いて
夢に対しての情熱に感動したので、
いつかは会って見たいと思ったが機会に恵まれた。
そして、会って実際にお話を聞いてシビれた。

見た事がない人はまずは見て欲しい。

 

https://tedxsapporo.com/speakers/tsutomu-uematsu/

 

今回、植松さんから聞いたスピーチで
感動した事柄をメモ、共有!

 

◎ 大切な事はアニメとゲームから学んだ!

 

◎自分を信じる!!
他人がなんて言ったなんて意味がない。

 

◎人と違う事は素敵な事!
違う事は誇りに思う事。

 

◎発明をしよう!

嫌な事を我慢しない。
なんで嫌だと思うのか考えたら、
人を助ける発明になる。
そして大勢の人を助けられる!!

 

◎トムとジェリーから学んだ。
人間には必ず 恐い心、天使の心
の両方を持ち合わせている。
何かある時は自分を含めて三人で話し合いする事。
言葉で語る事が大切。

 

◎美しい言葉を使ったらいい!
美しい言葉からは素晴らしいアイデアが生まれてくる。

 

◎やったことがない事をすると失敗する。
人間は必ず失敗する。
しかし失敗は乗り越えたらチカラになる。

そして失敗はデータになる!

 

◎でもやっぱり失敗したくない!

誰かの言う通りにやって失敗したら、
それ見たことか!と言われるし
・・・わかってない他人の意見なんか
聞くもんじゃない。

 

◎実はロケットは
30年前のそのままで進化してない。
だから新しい素材は使いたがらない。
失敗したらどうする
・・・・・無意味だ。

 

◎お金は値打ちが変わるから貯めこまない。
お金は知恵と経験に使いなさい。

 

◎座右の銘は “思うは招く!”
はお母さんに言われた一言。

『だったらこうしてみたら〜』
と言う発想が大切。

 

◎それでも失敗したら・・・・

『やってもうたぁ〜〜!』
と叫ぶ!(笑)

 

◎大切なのは知恵と経験と人脈!

 

全てが体験から生まれた話なのでグサグサと響いた。

実は今回は
植松電機に訪ねて来た広島の農業高校の生徒
約60人へ向けてのスピーチを、
同席させてもらって聞かせてもらったんだが、
通り一遍等な内容ではなく、
農業高校へ通う彼らへのメッセージとかも沢山入っていて、
これまた感動。
社内の廊下には
今まで植松社長のスピーチを聞いて感動したと言う
中高学生の御礼状が沢山貼ってあるのを
読ませてもらったが素晴らしいと思った。
いつか必ず東京に来ていただいて講演会を主催したいと思う。
大人にも子供にも植松さんの素晴らしさを聞いて欲しい。

素晴らしさ時間だった。
誘ってくれたカルロス、ありがとう!