「おでん」タグアーカイブ

“東大”不思議のパラダイス! 沖縄

そのまま、話をしよう。  ある日、居酒屋”東大”に行きたくなった。(この店の”焼きテビチ”は異常なうまさだ。波田はテビチ(※1)が得意ではないが、そんな好き嫌いなんて軽く超越する程にここのテビチは美味い。おでんも本当に美味い!それも沖縄で・・)それはなんの問題も無い事だ。

"東大"不思議のパラダイス! 沖縄

ところが、この店、何回通っても、その営業システム、予約システムが理解不能なのだ。だいたい21時からのスタートと聞いているし(雑誌などを見ると19時からとある。) 店主に聞いても21時からだという。ところが21時に行ったってシャッターは閉まったまま、そしてその状況に慣れている沖縄の友達は換気扇とガスの検診メーターを見ながら、『うぅーん、まだ来てませんねぇ!』と一言。なんなの、その冷静な判断は・・・・そしてまた別の店で待機。その十数分後に、また彼が店をチエックしに行くと、冷静な友達が、換気扇が動きだし、ガスメーターも動き始めました。しかしシャッターをいくら叩いても反応はありませんでした・・・との報告。

"東大"不思議のパラダイス! 沖縄

そして時間は9時半をまわっている・・・ちなみに電話は鳴りっぱなし・・・電話には出ない。(あなたが電話をして出たとしたらただの気まぐれ)そして他店で待つ事50分、その店で誰かが『東大が開いたみたい!』と噂をしてるではないか!! 焦った我々は東大に走った。するといつのまにか開店していてすでにほぼ満席!! すでに数人の客は出来上がってる・・・・わからない。電話は相変わらず鳴りっぱなし・・・店の前に他のお客さんが待っていた形跡すらなかったのに・・・・他の客に聞いたら”来たら開いていたから入ったんです”だって!! ウソつくなぁ!! とにかく毎回、死闘の様に散々と試されて入店するのだ。(その後、その謎は解けたのだ。まさか・・・知りたかったら一緒に行こうじゃないか!)

"東大"不思議のパラダイス! 沖縄

冒頭で話したが、ここの焼きテビチは宇宙一だろう。”世界焼きテビチ・コンクール”が開催されたら間違いなくゴールドメダルを獲得するだろう。写真のコゲ茶色の一品だが、どうやって焼くのか察しもつかない。いいじゃないか、とにかく美味いんだ!! ここの店のメインの料理は冠になっている “おでん”です。おでんも美味いよ。間違いなく美味い。暑い沖縄で食べても美味い!! ミミガーも全員注文の傑作!  ところでどうして店名が”東大”? そんなシンプルな疑問すら薄れてしまう程に不思議だらけのパラダイスなのでした。

"東大"不思議のパラダイス! 沖縄

  • おでん 東大 営業時間 19時~26時(とは言うけれど・・)
  • 那覇市那覇市栄町388-8 098-884-6130 定休日 日曜、祝日(とは言うけれど・・)
  • ※ 1 豚足(とんそく)とは、食用とされる豚肉の部位で、通常は足関節より先の部分をさす。肉質部分は少なく大部分が皮とスジ、軟骨から構成されゼラチン質でコラーゲンを多く含む。中国、東南アジア、朝鮮半島ではポピュラーな素材で茹でて唐辛子味噌を付けて食べる他、柔らかく煮込んだり燻製などにも用いられる。

名古屋の”島正”の濃~~~い生活!!

名古屋は様々な事柄が”濃い”のだ。 コメダコーヒーはサービスレベルが濃く、モーニングなる世界ではトースト、ゆで卵、いろいろついて350円という濃さ、世界の山ちゃんなる居酒屋はお客に酒を飲ませたい一心か、とにかく味が濃い、名古屋城の金の鯱(しゃちほこ)のデザインは濃厚。

名古屋の"島正"の濃~~~い生活!!

そして名古屋のお嬢様と言われる女性陣のお化粧の紅の赤い色はその赤の発色がまるで違う程に濃い。”スキヤキ”も相変わらず濃く、スキヤキ鍋に入れた霜降りバリバリな牛肉に入れるやいなや砂糖と醤油をそのままかける!(その事を追求したら君たちの食べているのはスキ焼きではなくスキ煮だと非難され、言葉を返せなかった。) そして名古屋の誇る赤味噌(八丁味噌)の濃さなんて・・・普通の2杯分の味噌汁が出来ちゃう位に濃くして味噌汁を飲む、そして今回、紹介のこの店・・・究極に濃いのだ。

名古屋の"島正"の濃~~~い生活!!

色も濃ければ味も濃い。 老舗の”島正”には昼メシ時に乱入! なんだか味噌味を堪能したい昼下がりだったんです。 4コースあるランチを4人で別々に注文をして確認をした。全てを並べた瞬間に全員が息を飲んだ事実・・・全てがとことん茶色いのだよ。夜に暗闇の中で、出て来たら識別不能な色具合だ。”味噌おでん”なんて具材は全て同じ色だよ! 早々に片っ端からいただこう。すると何もかもが味噌味(当然なんだけど・・・)美味い!!味噌好きにはたまらない味付けで魂も血管も騒ぐぞ!!

名古屋の"島正"の濃~~~い生活!!

色々食べてわかったのは、全てが本当に美味しいが、最後に残るのはやはり味噌味・・・というかそんな味を求めて来てるんだから当然なのだが。店を出る時は全員が『あぁ、味噌食ったなぁ!』と満足感一杯になった。 連れて行ってくれた名古屋の淑女が、『ここは薄味ねっ!』と上品に語ったのが衝撃っ! 名古屋地方の死因の一位は”脳溢血”しかない・・・でもそれを知っても食いたくなる味っ! 名古屋の”焦げ茶色”文化、味噌文化に敬礼っ!!

名古屋の"島正"の濃~~~い生活!!