「たま」タグアーカイブ

たまたま”TAMA”だった! 青山の小さな幸せ。

夜の遅めの時間に、青山の裏通りを歩いていた。代官山から何となく渋谷に抜ける道だった。そういえばこの道、昔はボートハウスというキャラクターのお店があり、朝から連日行列が出来ていたし、大繁盛したレストランもあったが、時代とともにいまでは無くなった。とにかく出入りも激しく、残るにはそれなりの店でなければ難しい都会のブラックスポットが “青学西門通り”で人通りは青山でも少なめなエリアだ。

たまたま"TAMA"だった! 青山の小さな幸せ。

その通りに、そこだけ明るい、外から見てまさに盛り上がっている店があった。そして引き寄せられる様に全く予定せず、ブラリと入って・・・・深呼吸三回! この店は間違いなく”美味い!”それは第六感でわかった。 さて、この店のコンセプトが最高にオモシロいのだ。それは台湾料理と沖縄料理が両方食べられ、合わせるモノは泡盛もあるが、ワインなのだ。何故コノ店のコンセプトに至ったかといえば、すごく簡単!! 店主の玉代勢(たまよせ)氏は父上が台湾出身で母上は沖縄の方、なので家庭ではいつも台湾料理と沖縄料理が両方出ていたとの事。タマ氏にとっては当たり前な事がこの店のウリになっている。

たまたま"TAMA"だった! 青山の小さな幸せ。

そしてここのカジュアル感は抜群でスタンディングでも楽しめるし着席もオッケーなのだ。店の外側には、まさに通行人に対しての餌(えさ)としか思えないオリジナルの”腸詰め”がぶら下がり、否応も無く通行人の胃袋を引っとらえる。(事実、オレはこの腸詰めに引きこまれた。それも食後なのに・・・)美味い腸詰めとワイン・・・意外にありそうでないのがコレ。プロシュート(生ハム)とワインももちろん美味しいが、この食い合わせも格別だ。ここは完全なオープンキッチンなのでカウンターに立って飲めば、店主やスタッフとの陽気な会話も暴飲暴食魂に火がつく!!(笑)スタッフが最高なんですよ!

たまたま"TAMA"だった! 青山の小さな幸せ。

その後は空腹度合いに合わせてドンドン注文して片っ端からいただこう! グラスワインもその時々で美味しいモノを勧めてくれる。着地点であるシメは当然に重要である。・・・この店では、激辛・麻婆豆腐と沖縄ソバをいただく。これまたありそうで、世の中には無いメニュー。中華好き、沖縄好き、そしてワイン好きならばこの店は見逃せない。  この店、深夜になるとこの界隈にある有名レストランのカリスマシェフが登場する。そしてカウンターの片隅で一時の幸せを感じている姿を良く見かける。そんな都会のオアシス(ちょいと陳腐な言葉で失礼!)がこのタマでした。

たまたま"TAMA"だった! 青山の小さな幸せ。

  • 琉球チャイニーズダイニング たま
  • 東京都渋谷区渋谷2-3-2 03-3486-5577
  • http://tama2007.jp/