「サンドイッチ」タグアーカイブ

フランス人はケチじゃない! パリの骨董市街の幸せレストラン。

フランス人と言うと、良く言えば倹約家、悪く言えばケチと評される。はたしてそれは事実であろうか。モノを無駄にしない、大切にする事を美徳とするならば、オレも充分にケチの部類だ。フランスのパリのクリニャンクールはイギリスのポートベローズなどと同様に市民に愛されるアンティークマーケット(古美術品のリサイクルマーケット)が大昔から行われている世界的に有名な場所だ。

フランス人はケチじゃない! パリの骨董市街の幸せレストラン。

パリの市内からメトロ(地下鉄)4号線の終点。そこの駅を降りると永遠に行商の屋台続き、その奥には常設の長屋風な小さな店舗がものすごい数の店が並ぶ。家具、食器類、玩具、インテリア、手芸品、その範囲もスゴい。99%はそんな一言で言えばアンティークの店ばかりの中で、唯一、別のオーラを放つ店がここRISTRO GOURMANDだ。この店の前を通りかかったのが11時、ランチにはまだ早い。通りから見える厨房を覗いていたら目についたのが、この写真の缶から!

フランス人はケチじゃない! パリの骨董市街の幸せレストラン。

これはOTISなるブランドのスペイン製のツナ缶なんだけど、このデカい業務用の缶が昔からものすごく欲しかった。(オレは知る人ぞ知る缶マニア)でも重さはハンパないし、現地で食べて帰れる量ではない。ということで、今までに数回はお店で見たけど毎回、あきらめていた。 だいたい一般庶民の店ではこんなにデカイ缶は珍しく、見つけたのは業務用の店の片隅だったので、このレストランのカウンターのディスプレイで見つけた時は感激。というのはフランス人もこの缶を見て可愛いとおもうのだ。(だからディスプレイに使っているわけでね!)そこで思い切って厨房に顔を突っ込んで『これを譲ってくれ!プリーズ!』と頼むと、そのシェフはオレの顔をジっとみて『あげるよ!』と神様みたいな答えが!!

フランス人はケチじゃない! パリの骨董市街の幸せレストラン。

お金を払うよと言うと『ノー!』との答え。ならば早々に、その店で祝宴を開く事に! バジルとトマト&モッツアレラのサンドイッチ、パテを注文して当然にワインで乾杯! このサンドイッチの美味しい事! パテの美味しい事ったらなかった。気前のいいシェフが作るメシは美味いに決まってます!! お店のデザインも相当に良かった。こんな場所で皆に愛されて素晴らしい店に成長していくんでしょうね。東洋人の奥様も人当たりの素晴らしい方でした。 フランス人、結構、良い人だよ!

フランス人はケチじゃない! パリの骨董市街の幸せレストラン。

  • RISTRO GOURMAND
  • Marche dauphine 138-140 RUE DE ROSIERS-93400 ST-OUEN
  • 06-78 17 43 80
  • sari au capital de5000euros
  • siret 791 142 698 00012-TVA FR 96791142698

万カツサンドの決断!

“オレって異常?” と時々、自問することがある。 正直、他人の脳みそに入り込んだ事がないし、この事に関して人との論議も無い。そして、この秘密を打ち明けた事も無い。”オレって異常?その①”一ヶ月のスケジュールを見て、どこで何を食べるかをあらかじめ考える。”オレって異常?その②”朝起きた瞬間に、今日は何を食べるのかを考えただけでテンションが一気に上がる!”オレって異常?③”世の中の人間もきっと皆、オレと同じ考え方をしていると信じている。  波田は飛行機で移動する事が多い。羽田空港を通過する際に、そして搭乗ゲートに向かう時に、ナンの気なしに、必ず在庫を確認している”商品”がある。それは歩きながら、時には立ち止まってて・・・・ ”今日は在庫はあるかな? ちゃんと売れてるかな? 残って淋しい思いをしてないかな? きっと買って食ったら美味しいんだろうな?・・・・波田はこのモノを買うこともあるし、強い意志をもって買わない事も多い。例外はない。それは”万かつ”である。

万カツサンドの決断!

正式名称は”万世のカツサンド”(万世は肉の専門店。http://www.niku-mansei.com その店が出しているカツサンド。) 波田の場合、どこかに移動する際に、スケジュールにあわせて飛行機を予約するが、通常、人と食事をしながらミーティングをしたりする事が多い。人と食事をするという事は、本当にコミュニケーションを取る上でベストな事だ。だから駅弁とか空弁(電車の駅弁に対しての空の弁当)とかのお世話になる事は、いたって少ない。 今日は、那覇空港に到着は午後3時。この時間だとランチに相応しい”そば”の名店は全て終わっている。間に合わせで食べる程、悲しい事は無いし、今日は夕飯が早い時間からの過激なアポ(グリグリのマネージャー岩渕と試食で三店舗制覇を目標にしている。)なのだが、それまで何も食べないのは悲しいし、真剣に食べたらキツいし、かといって時間的余裕もないので、久々の”万かつ”と決めたのは予定日の一週間以上前だった。そしてそのトキメキの瞬間はきた。朝から落ち着かないのは、こんな折角の決断を下したのに、羽田空港で売り切れいていたらどうするんだ!!そんなことで頭がイッパイ。搭乗手続きをすませ、そのまま脇目もふらずに売店に向かう。なぜかその売店までの道のりは普段より遠く感じるし、そちらに向かう多くの人々が、一路、万カツを目指している様で落ち着かない。売り切れいていたらどうするんだ!!(ひつこい) 歩きながら、超マイナス思考が働いて、目の前で誰かが最後の一個を買ってしまう光景が移る・・・歩くスピードが早くなる!どんどん!結局、買う事が出来て一安心。

万カツサンドの決断!

今日の”一大イベント”を制覇した疲れまでドっと出てくる。そして搭乗して食べるまでの時間・・・カバンの中で”万カツ”クンは誰かに押されて潰れてないかな・・・いよいよ、食べる時間がきた。何であろう、この期待感は!カツが白いサンドイッチ用のパンに挟まれているだけなのに、この豊かな味わいは!シビれます。軽いアブラと上品なヒレ肉のハーモニーに下町的ソースが香り、優しいパンが包む・・・全部で6ピースからなっているが、一切れ一切れを心を込めて食すのです。空の上の幸せな時間・・・次はいつ食べるのだろう。おやすみなさい(だいたい万カツを食べた直後は昇天して寝ます・・)

  • 万カツ・サンドイッチ 販売は羽田空港の売店各所。
  • http://www.niku-mansei.com
  • ※実は同じ様な製品をトンカツの老舗”いせん”からも出ています。そちらの方が味が濃いめな気がします。双方とも満足度は同等に素晴らしい。

ベトナム”皿まで舐めたい店” バインミー(ベトナムサンドイッチ)が食いたい。もう一度食いたい!

この店、波田が人生でもう一度食いたい店の代15位にエントリーされていた。最近訪れたホーチミンは残念な事に交通事情からシクロ(三輪自転車の前に客を乗せるカゴが付くベトナム的な代表的乗り物)が禁止となった。数年前、まだそんなに経済化が進んでいなかった頃は町中がシクロであふれていた。当然にスピードの違いから交通の妨げがあり非難轟々、クラクションの嵐だったのは記憶に新しい。しかしシクロで進むホーチミンのスピードは正に優雅で風を気持ちよく感じられたのだ。そのシクロでこの店Nha Lan (ニューラン)にH氏(※1)が案内してくれて、店前に横付け!!H氏は何の説明も無くホーチミンで最高のサンドイッチですよと言い買いたてのバインミー(ベトナムの庶民のフレンチテイストのサンドイッチ)を食わせてくれたのだ。

ベトナム"皿まで舐めたい店" バインミー(ベトナムサンドイッチ)が食いたい。もう一度食いたい!

その味は正にフランスだった。ご存知の通り、ベトナムはフランスから統治されていた。現在、その名残は街の造り方(道とか公園)とか少しの建物位にしかフランス色を感じないがバインミーの味はフランスだった。昔、20代初めに超貧乏旅行でヨーロッパを旅していた。2週間近くパリでフラフラしていたが貧乏旅行の自分がフランス料理を食えるわけもなく、ファーストフードやカバブーなどのアラビアンフード(安いメシの代表選手)を食って過ごしていた。その頃、安食生活でも唯一フランスを感じられたのがフランスパン(バゲット)でハム、野菜などをはさんで食べるサンドイッチだった。このサンドイッチと安い白ワイン一杯の夕飯なんて良くあったが、それでも充分にフランスを満喫できていたのだ。だからボクのバインミーには別の想いもあったのかもしれない。

ベトナム"皿まで舐めたい店" バインミー(ベトナムサンドイッチ)が食いたい。もう一度食いたい!

このベトナムのバインミーを今回、また食べてわかった。その美味さの秘訣にどこかベトナムアレンジが効いているのだ。多分、バゲットに少しの大豆醤油(ヌク・トゥオン)がかけてあり、それがオリエンタル的な美味さを出しているのだろうか。僕の中では期待と楽しみで脳内爆発していたが連れの3人は実際の感動度数は4,35位であったようだ。(10段階評価)これはボクのプレゼンが激しすぎて期待度数が激しくアップ。そしてこの庶民のサンドイッチだったからであろうか。(だから皆さんも実際に食ってみて感動的美味さじゃなくてもオレを恨まないでね。)そう、個人が感じる美味しいものとはその期待感、過去の印象、思い出など全てが相まって感じるのだ。だからオレは美味かった!! うるせぇ~~また行こう。(実は一緒に食った三人は全然受けが良くなかったのだ・・・淋しいぞ)

ベトナム"皿まで舐めたい店" バインミー(ベトナムサンドイッチ)が食いたい。もう一度食いたい!

※1 我がホームページの情報収集任務を遂行する秘密情報部員、正確な肩書きは “食生活友の会・情報調査局国際部門アジア地区主任兼ベトナム社会主義共和国担当一等書記官、雑務兼任”のH氏(ベトナム地区ではミスターホイガーと恐れられている。)

  • Nha Lan (ニューラン)パン屋  66Ham Nghi  (ハムギ) ホーチミン市
  • 営業時間など不明 とにかく有名な店。

上野毛の小さなアメリカ。・・・アンクルサムズ!

サンドイッチをやたらに食いたくなる時がある。春か秋の季節の変わり目かな。天候的にはカラッと晴れた昼下がりだ。決してコンビニで売っているインチキな三角サンドではない。ホテルで出てくるサッパリした上品な物とも違う。僕が好きなのは代官山のトムズかここ上野毛のアンクルサムである。

上野毛の小さなアメリカ。・・・アンクルサムズ!

寿司屋に美味い不味いがあるのと一緒で、当然サンドイッチにもそれはあるに決まっている。素材を考えテマヒマかけた物が当然美味しいし、パンに至っては美味いモノと不味いものの差は天と地の違いがある。昨今、グルメバーガーなる領域が盛り上がっているが、サンドイッチの世界も当然に深いのだ。 サンドイッチの好みは人それぞれだろうが、波田は特にBLT(ベーコンレタストマト)とトマトスープの組み合わせが好きだ。

上野毛の小さなアメリカ。・・・アンクルサムズ!

実はここの店の紹介を書こうと思い数年が経っている。その間に何回も通い、何回もウナって食べていた。でもなかなか書けなかった、(偉そうに・・・・小説家じゃあるまいし!) なぜならば、衝撃の美味さではないが・・・・・どうして美味いかなんて説明できる話じゃない。いいじゃないか美味いのだから!!

上野毛の小さなアメリカ。・・・アンクルサムズ!

サンドイッチの名前の由来が英国のサンドイッチ伯爵がウンヌンなんて書くつもりは無いけれど、このパンにはさんだオカズが美味しいのは、オニギリが美味しいのと共通事項はいくらでもあると思うんです。素材選びも当然に大切なんだろうけど、やはり”愛”なんでしょうかねぇ! それにしても気楽なサンドイッチ・・・値段が決して気楽じゃないのが、この店の残念なところ・・・心して行かないと、ランチにしては御予算オーバーな世界なんです。(笑)

上野毛の小さなアメリカ。・・・アンクルサムズ!

  • アンクルサムズ サンドイッチ 東京都世田谷区上野毛3-1-3
  • 電話03-704-8578
  • 営業時間 月曜~土曜9:00~23:00 日曜、祭日10:00~18:00
  • 東急・大井町線 上野毛を下車して環八をわたり多摩川方面にむかった最初の右角。