「SWEETGREEN サラダ専門店」タグアーカイブ

サラダはスポーツだ!!

文明人のサラダ好き、
菜食主義者は往々にして弱々しいイメージの人間が多い
・・・そして、肉好きのマッスル野郎
(筋肉ムキムキのマッチョ)
の対局の様な奴らと心から思っていた。
だからサラダ専門店なんて“オンナ、コドモの店”
にしか思っていなかった。
ニューヨークに早朝に到着しての昼下がり、
時差ボケで少々、食欲もないと言う事で通りがかったサラダ専門店を覗いた。
店の前には長蛇の列。
その人数は推定50人、正直それを見て唖然とした。
それも大きなマッチョ男、ドデカイ黒人、
太った甘党の女子、肥満気味のビジネスマン
(もちろんスマートな人々も沢山だ。)
・・・・・・なぜ列に並んでまでサラダが食いたいのだろう?
早々に並んでみた。

 

1

 
列が短くなるごとに人々は高揚はじめている。
20分近く待ってやっとオレの順番が来た。

 

3

 
まずはメインの野菜を選ぶ。
もちろん基本は手差し確認だ。
レタス、ホウレンソウ、ロメインレタス他いろいろ。
そしてトッピング、ものすごい数が用意されている。
ドレッシングも順列組み合わせを考えたら品数は膨大だ。
こんな選択は本当に楽しい。
いつの間にかオレもサラダマニアになっている。
サラダ職人を見ていて、ある事を学習した。
それはドレッシングとサラダの和え方だ。

 

2

 
通常、世の中を見渡せばテレビの
ドレッシングのコマーシャルで流れる様に
サラダの上からグルグルと掛け回し、
そして食う。
以上だ!
ところがそれではドレッシングと野菜は絶対に一体化はしない。
正しいのは相当に大きめなボールに野菜を投入してミックス、
そこにかなりのスピードで野菜を回しながらドレッシングを少しづつ、
そして素早く投入して全てを混ぜる。
相当なスピードでボールがキッチンのカウンターに
カンカンと甲高い音が響き渡る。
これがノロノロとやっていると、
塩分の関係で野菜から水分がでて漬け物状になってしまうのだ。
あくまでも“素早く”が命なのだ。
(帰ってきて開眼してずいぶんとトライしてみた。)
動画でお見せ出来ないのが残念だけれど。
とにかく自分オリジナルのサラダを作ってくれる店に
朝から晩まで長蛇の列が出来ている意味も理解出来た。
それはひたすらに野菜のパフォーマンスを引き出したお味があるからだ。
ただ野菜を買ってドレッシングをかけたのとは
全く違う世界の味と舌触りがそこにはあるからだ。
日本にもこんなサラダ専門店があれば良いのにと思う
ニューヨークの昼下がりでした。

 

4

 

 
SWEETGREEN サラダ専門店
http://sweetgreen.com/