巨匠の気分でカレーはいかが?!

ジェフリーバワという崇高な建築家がいた。
バワは南国建築家として多くの名作をスリランカをはじめバリ島やインド、そして世界中でも特に南国に数多くの作品を残している。
よく思い描く南国スタイルの建築物と言えば、氏の影響やコピーと思って間違いないと言われる程に、多くの名デザインを残している。

氏のデザインは土地がもつ自然の美しさ、歴史、文化を最大限に引き出し、内と外、人間と自然の境界線を取り払うことがテーマ。
彼の手掛けた空間は、佇んでいるだけで本当に心地いい。
プールの先がいきなりストンと切れて見えて、そのまま海と一体化して見える様なインフィニティープールなる手法も氏の代表的なスタイルの一つだ。

DSC00680

氏は1919年にオランダ人の母親とスリランカ人の父親の間で生まれた。
セイロンと呼ばれた時代に19才からイギリスのケンブリッジに留学をしていて英文学を学んだ後に法学を学び、弁護士に。
裕福な家庭で仕事をする理由もなく、イタリアではビィラを購入して生活。
と言う事で相当な美意識の高さであったことは想像がつく。
20代の後半でセイロンの戻ることになり、その時にセイロンに大きな敷地を購入して自分で建築図面を引こうと思ったが知識が無さ過ぎを感じて製作が出来ない。
そこから再度、イギリスに渡って基礎から建築を学んで、実際に建築家デビューをしたのが38才と言う、かなりの遅咲き。

DSC00609

そしてルヌガンガ(塩の川と言う意味)という場所に少し高台でペンドータ川を望む事ができる24エーカーの土地を購入して、そこに楽園を作る事を決め、生涯に渡りそこの地に様々な個人的な建築物やギャラリー、ゲストハウス、ステューディオ、夕焼けを見る場所、当然に農園や水田までをデザインして11人の専任ガーデナー(庭師)もいたそうだ。そして43年間もかけて作っていったのが氏の桃源郷“ルヌガンガ”なるバワの別荘なのだ。

DSC00716

さてそこで氏はどんな生活をしていたのであろうか。
スリランカ人が愛する食・・・カレーに違いない。
なんとこのビィラでは予約をするとランチを用意してくれるのだ。
ここのカレーは美味しいスリランカのカレーの中でもトビきりな美味さだった。
その作り方も極めて丁寧で、とても満足のいくものであった。

このランチをしている場所の庭から続くベントータ川の光景からバワはインフィニティープールのアイデアを思いついたと言う事だ。
(その川にはホンドゥアネイチャーランドなる名称の“島”も付いていた。)
そんな思いを馳せながらバワが食事した同じ場所でお食事が出来るなんてなんて幸せなことでしょ。

ランチコースはコーンスープ(格別に美味かった)からスタート。
レッドライス(ローカルライス)、ビーツ、バナナ唐揚げ、そしてここから6種類のカレーが続く。
ブラウンチキンカレー、パイナップルカレー、海老のカレー、キューカンバーモージョー(スリランカ風やや甘め野菜の酢豚。
(オニオン、キャプシコ(唐辛子)キャロット、ナス、マンゴーチャツネ、ダルカレー(スリランカの定番中の定番で朝から出てくる。)インゲン豆カレー(ゴトコラなる薬草とココナッツパパダ)と11種類の料理が続いた。それはそれは美しく素晴らしいランチとなった。

DSC00691

そしてこの屋敷のツアー、ランチを含めて30ドル。
これはお得感イッパイ。
ハウスツアーも我々だけの為の時間だった。
アナタもルヌガンガで巨匠・建築家の気分を味わってみたら!!

DSC00669

Lunuganga ルヌガンガ

Dedduwa Lake,Bentota、SLIRANKA

℡+94-91-4287056

http://lunuganga.com

入場料1250Rs ランチ 3000Rs(入場料込) 要予約

宿泊も可能(全6室)

 

※ちなみにここルヌガンガはゲストルームが一般にお泊まり出来る様になっている。
それぞれが趣向をこらした部屋なのでそれも楽しいかと思う。
(宿泊には食事も付いている。)全6室

※現在はバワの財団になっていて、様々な収益でこのルヌガンガも維持管理されていると聞く。
素晴らしいことです。

 

※場所はバワの作品であるAHUNGALLA / HERITANCE AHUNGALLA HOTELからクルマで小一時間。
相当に山奥で複雑な道であった。

DSC00629