沖縄人はみんなコレ食って育ったのだ。

創業1945年のステーキの名店ジャッキーだ。

外人さんの名前のジャッキーではなくて
クルマがパンクした時に使う道具のジャッキが正しい。

沖縄にはAランチ、Bランチ、Cランチというカテゴリーがあり、
店により提供されるモノは違うが、
ここのAランチの割り得感といったらハンパないのだ。

 

IMG_4745

東京で酔っぱらった後で、ラーメンを食うのが常だが、
沖縄ではソーキソバである
・・・というのは意外にウソで、なんと“ステーキ”なのだ。
どうしてガンガンに飲んで食べた後でステーキなのかは
全く想像のイキではないけれど、
疑ってかかって沖縄のサラリーマンにその質問をなげかけると
『もちろん!』との答えだった。
その後、深夜のステーキハウス(カジュアルな店)
を覗いてみたら飲み終えたサラリーマンでいっぱいだったのは
衝撃的であった。
実際に沖縄県民のメタボ率は激しく高くて、
県民の50%は要注意な領域なのだ。

 

IMG_4740

 

そして、いよいよ実況見分をしてみよう。
25時に老舗のジャッキーに入店。
ウワサ通りにサラリーマンが多数。
東京のラーメンを食う姿と似た様な空気がある。
そんなに嬉しそうに食っているわけではなくて惰性で食う空気、
それは深夜のラーメンを食う姿に似ている。
(笑)

早々に友達から聞いたオススメの
“スーパーレア”なる焼き加減を体験。
それは熱々の鉄板に生肉がのせられて出てくるのだが、
本当にただの生肉。
ジュージューと鳴る音は、
それはそれは、答えられない小さな迫力。
30秒程、鑑賞した後に一度ターンオーバー
(ひっくり返す)をして完成。
この焼き方は確かに美味しかった。
付け合わせの玉ねぎも美味い。

 

IMG_4743

 

オマケの意味不明な小麦粉を溶いた様なスープだが、
沖縄人にとっては、だんだんと恋しくなる味らしい。
スパゲッティーは
間違ってもイタリア人に食わせたらダメだ。
たった400円のハンバーガーは上出来!
MISO SIRU なる料理は
味噌汁をイメージして作ったモノなんだろうけれど、
恐くて注文できなかった。

 

肉食系である。
好奇心がある。
リアル沖縄を感じたい。
少し太ってもいい。
ならばココだ!!
ココしかないぞ!

IMG_4741

 

 

ジャッキーステーキハウス

沖縄県那覇市西1−7−3

098−868−2408

モノレール朝日橋駅より5分、沖縄ポートホテル裏、

メニューはステーキ、タコス、サンドイッチ、ランチと様々

 

IMG_4744

 

jacks@steak.co.jp