旅に出よう! キャンピングカーデビュー。

2015年9月23日
前にも書いたけれど
今年の5月にキャンピングカーを購入して
7月末に納車。
納車されクルマは
そこに置かれたままで9月を迎えた。
これは待ち遠しくなかったワケではなくて、
欲しくなった5月に新車を注文しても
届くのが早くて一年後。
在庫で唯一あった一台ならば、
すぐに納車も可能という話だったので、
秋には乗りたいと思い早めの納車になった次第。
だいたい夏休みは
すでに山盛りのスケジュールが入っていたし、
暑い時期はキャンプは好みでないので、
やはり秋以降がベストかと。
と言う事で
9月23日から一週間スケジュールを一切、
入れずにキャンピングカーにて
出かけるとだけ決めておいたのです。
ただ9月の末に
新潟の堀さまがゲストに呼んでくれたので
“最後は新潟”
とだけ決めておいてまずは進路は北西へ!

 

IMG_4459
《キャンピングカーの旅でやりたい事》

  • 日本全国の温泉を研究
  • 日本全国の“道の駅”を研究
  • 有名 居酒屋を制覇
  • 全県で飲み会
  • 神社仏閣を訪れまくる!
  • 全国の祭りを見る
  • 全県ミーティング
  • 世界遺産制覇

長野県の長野市で吉原夫妻を訪問、
蕎麦食べて懐かしい話で盛り上がり、
午後は移動して戸隠キャンプ場へ。
なにせ初日なので
キャンピングカー宿泊は必須なのでここにした。
こんな季節のキャンプ場はガラガラ。
なので川原の素敵な場所を確保。
全てが“初”だったけれど順調。
持って行ってた布団が予想外に寒くて、
翌日はホームセンターで購入など、
想定内の様々な事が起きた。
翌朝の目覚めはすこぶる良し!
こんなにキャンピングカーの寝心地が良いとは驚いた。
そこから小布施をぬけて野沢に行った。
野沢温泉も初めて。
ただ天候が雨だったので早々に温泉旅館を予約。
野沢は良い町だったなぁ。
街の中の13軒ある町営の無料温泉に感激。
そしてそのお湯の温度が熱い事。
翌日は南魚沼の青木酒造をのぞいてから、
新潟のスノーピーク
(キャンプ用品メーカー)
の本社とその横にある広大な広さのキャンプ場を訪問、
少しの雨だったけれど快適だった。
たき火などまだ不慣れが多い。
翌朝は新潟港を目指して、
フェリーで佐渡島に渡った。
ここも初めての場所。
料理人の柏さんに紹介していただいていた
尾畑酒造の社長の平島さん、
なんとウチの兄貴の昔からの知り合いと発覚。
楽しい蔵見学だった。
もちろん真野鶴も数本、購入。
今日はキャンプ場もみつからないので
ホテル浦島に宿泊。
ここはとても料理が美味しいと評判。
ただ部屋はお風呂を含めてイマイチ、
いやイマサンでした。
翌日は
朝から宿根木なる
江戸時代に栄えた小さな家が集まった集落を見学。
素晴らしい町並みだったし、勉強になった。
ランチは回転寿司を薦められたので、
島には二軒あるという事からその両方
(丸石と弁慶)をハシゴ。
フェアーに両方の店で同じ品物を注文した結果、
弁慶の勝利だった。
そして入浴の後に島の一番、
北の端を目指した。
そこのキャンプ場的なよろしい物があると言う。
そして今夜は十五夜ということで
スーパームーンが楽しめる。
キャンプしながら冷凍庫にしまってあった
高級和牛でスキヤキ。
サンセットも素晴らしく、
そして灯台の光もステキ、
満月を楽しみ、
翌朝は見事なサンライズも楽しめた。
どんなホテルに泊まるよりも豊かな体験だったと思う。
そして明日からは新潟
・・・・旅の幅がより一層広がった気がする。
世界を見れば見る程に、
日本をもっと知らなくてはと思っていたので、
このキャンピングカーを駆使して日本をもっと知りたい。

 

実はキャンピングカーの旅は
老人になってからのお楽しみに思っていた。
でも老人まで待つ理由はナンであろう?
そんなの無いでしょ。
だから“今”買った。
贅沢品?
生活必需品でしょ!
オススメしますよ。
アナタの人生にキャンピングカーを!!

 

IMG_4456