フードトラックという“登竜門”!

ポートランドに来た。
ここはアメリカでもかなり“違い”のある地域だ。
この街には“Keep Portland Wired”
(ポートランドをヘンテコな町にし続けよう!)
という素晴らしいスローガンが流れている。
現在は“全米一”人気の街で
アメリカ中の人がこの街に憧れているという
素晴らしい文化がある。
ここはアメリカの中でも街づくりで成功した街なのだ。
ご存知、アメリカは“クルマ社会”で
クルマが無ければ始まらないところが基本。
仕事を捜すにも買い物に行くにも、
ましてや学校に行くにもクルマは必須だ。
しかしここポートランドは
クルマが無くても生きていく事が出来サイズ、
そして公共交通機関が整っている。
最近、世の中で見かける
BROOKLINスタイルとは
実はポートランドのスタイル。
人の良さも最高だ。
ジョギングなどしていると
向こうから来る通行人はたいてい挨拶をしてくれる。
大資本キライもかなり徹底していて、
こんなに大きな街なのにマクドナルド他、
様々な大手資本の外産業ままるで見ない。
スターバックも隅っこで苦戦みたいな状況。
(ポートランドにはココで発展した)

そして食に関しての進化が素晴らしい。
これは今流行の“シェア“ の発想で
素晴らしいレシピなりをシェアする考え方が
一般的になっている。
あと横の連携も素晴らしく
例えば2月には毎年、
レストランウィークなるものが開催、
約100以上の有名レストランが参加して
29、99ドルの
プリフィックスメニューを各店が毎日用意する。
若い学生や
料理人志願の金銭的な余裕の無い人々も
どんどんと新しい”味“
を体験出来るシステムなどを作り上げている。

 

 

 

この街に昔からある
フードトラックなる文化が素晴らしい。
ダウンタウンの屋根の無い
ワンブロック全部が駐車場な場所、
そこの周りに
店舗部分を道路側に向けて
ズラりと店を並べている場所がある。
その数は40〜50軒
(真ん中部分は駐車場になっているから素晴らしい。)
そこに思いのままの店が開かれている。

 

 
普通にプレミアムなハンバーガー、
メキシコ料理、スペイン料理、
ピッツァにパスタ類、
日本風丼もの、韓国料理
・・・オレが気に入ったのは
ギリシャ料理で沢山の野菜の上に
フェタチーズがのったモノ、
様々志向がこらされていいて素晴らしい。
ここで料理人のタマゴが、
世界中からの移民者が店を開いて
お客さんの反応を試して学習して、
いつかは自分の店を持つ為へのステップとして
今日も頑張っているのだ。
ここでダメならばお店としての発展も期待は出来ないだろうし、
上手くいけばそこで作ったファンに推されて有名店に発展
・・・ポートランド人の
“大資本キライ”
の精神を繁栄させて
そんなスモールビジネスがどんどんと育っていくのだ。

 

 

PORTLAND (OREGON州)のFOODTRUCK

DOWNTOWNに数ブロック存在する。