体験型飲食店で新体験をしてみた!

九州の雲仙で“体験型飲食店“なる看板を発見した。

 

 

好奇心魂に火がついて入店。
そして心から関心した。
こんなに自然エネルギ−100%を
効率よく使う料理法は素晴らしい。
温泉まんじゅうや温泉卵までは理解出来るけれど、
そんな温泉の蒸気を使って料理をするなんて
〜〜〜自然というか温泉は偉大だ。

 

 

この店の流れ
①入店、さほど緊張はない。どちらかと言えばサービスはない。
②水槽と冷蔵庫を眺めて食べたい食材をピックアップ。
子供騙し的なソーセージやら小籠包、焼売は手を出さず。
野菜のセイロ蒸しなど色々と雰囲気でそそる。
③やはり魚介類はそそられる。
ただ俺達のランチの予算が1500円だったので
エビ、カニ類は諦めよう。
贅沢に一つ300円のサザエを三つ!
(水槽の中の海鮮モノは店員さんにお願い!
中国人がさわって怒られていた。)

 

 

④食材をトレイの載せてレジにて清算。
この時点で食い逃げは防止できる。

 

 

⑤そして番号が書かれたタイマーを渡される。
蒸し時間の目安はイモ類が20分、
とうもろこし、ニンジン10分、
ブロッコリー3分、野菜全般3分、
鯛1キロは20分、夕やけカニ12〜15分、
牡蠣1キロ7分、タコ1匹10分
(ちなみに興味はないけれど小籠包、
焼売などは8分から15分)

 

 

⑥そしてテーブルで待っているとタイマーが鳴った!!
そのタイマーを持って蒸し場に向かうと、
お兄さんがタイマーの番号を見て、
その巨大な蒸し釜から先ほど購入した食材が
ムレムレな状態で湯気出まくって渡される。

 

 

そこで何故、
店員さんがタイマーを持っていて
出来上がったモノをお客に運んでこないか疑問だけれど素直に従うが、
これが体験型なのだ。
お皿もお茶もお箸の準備も自分でやる。
ほとんどの仕事を客にやらせて、
それを“体験型”と呼んでしまうこの店の新商法に脱帽だ。

さて、出来上がった野菜類もタマゴもほんのりと
硫黄(イオウ)の香りがたまらなく食欲を刺激する。
丸々のトマトも実に美味しかった。
何より驚きはサザエの美味しさ。
だいたい世の中で出てくるサザエといえば、
これから見れば全てが焼きすぎ!
サザエの一番美味しい食べ方は7分蒸しだとわかった事は
最大のお勉強かもしれない。
焼いたサザエのキモは硬すぎるのだ。

最後に中国人の家族がデカい声で入ってきた。
そして何やら“伊勢海老”を指差し
『ビッグ!ビッグ!』とデカいのもってこいと!
店員さんは一番大きそうな伊勢海老をハカリに載せて
『2万1千円っ!』
〜〜もちろん中国人は注文した。
厨房では店主がガッツポーズ(推定)
本当に色々な体験が出来る素晴らしい店だ。

 

 

 

 

体験型飲食店 蒸し釜や

〒854-0517 長崎県雲仙市小浜町マリーナ19−2 (リンガーハット小浜店裏)

営業時間 11:00から15:00 17:00から21:00

電話0957−75−0077