タスマニアのブレックファーストの文化は!

正直、日本に暮らす時は、朝食は食べない。
食べる必要がないから食べない。
そもそも人間が一日三食は食べすぎだと思うし
(少なくとも成人は)、
消化のメカニズムから考えるとオレ的には必要ないかと。
夕飯を食べてから18時間の
何も胃腸に入れない状態が
プチプチ断食としてヨロシイと考えている。
逆に三食を普通に食べると
胃腸の中が空になる状態がなくて胃腸が重くなる感じがするのだ。

なんて偉そうな事を言っているけれど
海外に行くと少し様子が変わる。

俺の胃腸は随分と作りが卑しく出来ている様だ。
いや胃腸ではなくて脳かも知れない。
どっちにしても、食っているのは俺だ。

オーストラリアはオーガニックな食材が揃う国。
これは島国であるこの地に
外からの害虫になるモノが入らない様に
早くから施策を取っていたことに依るそうだ。
従って農薬を使用だ、不使用だと言う以前に
必要がないのだそうだ。
そして食物自給率はいたって高く(100%)、
なので時間をかけて運ぶ必要もないので
腐る心配とか無用なのだ。
(とネットに書いてあった。そのまま受け売り)

また、オーストラリアは朝食文化なるものがあるそうで、朝食には強いこだわりがあるそうだ。(これまた受け売り、その2)

タスマニアの住宅街にステキなパン屋さんを見つけた。
(またまたネットに感謝)
実に素晴らしい情報だ。
港から山に向かって住宅街を歩いて抜けて行くと、
そこには古い建物をそのまま使った
実に渋いパン屋さんが!

 


いや、ひょっとしてこの建物が
新しい時からここで開業していたのかも。
(パン屋の歴史には興味がないので
勝手にネットで調べてください。)

そしてオーストラリアには
素晴らしいコーヒー文化が根付いていて、
ここでも素晴らしいコーヒーの香りが
・・・・・コーヒーとパンの香りが織りなす空間。
そりゃ朝食も食べたくはなるわ。
ちょっとした席があるので食べて見た。

 


それはそれは美味しい創作的なパン&料理でしたよ。

 


そうそう玉子も明らかに美味しく、
白身のヤル気が断然違うのです。
そんなちょっとした当たり前の素材が
美味しいから全てが美味しく出来ているんでしょうね。
スタッフも本当に楽しそうに働いていたし。

あと、ここで買った全粒粉のパン
(これが俺の大好物!)
も最高に美味しかった。

 

メニューは当然に全ては食べられなかったけれど、
店の中で食べている人々の幸せそうな顔を見れば
美味しいに決まっていると思う。
また行きたいと心底思わせてくれた店でした。

 

 

Jackman & McRoss ( ジャックマン&マックロス)

57Hampden Rd. Battery Point. Tasmania7004

03-6223-3186