“本物”の温泉とは・・・!!

あなたの知る“温泉”の定義とは?
Wikipediaによれば温泉(おんせん)は、
地中からが湧き出す現象や湯となっている状態、
またはその場所を示す用語である。
その熱水泉を用いた入浴施設も
一般に温泉と呼ばれる。
人工温泉と対比して「天然温泉」
と呼ぶ場合もある。
熱源で分類すると、
火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、
火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。
含まれる成分により、さまざまな色、
匂い、効能の温泉がある。

要するに大きな大衆向けの入浴施設だ。
その泉質によって呼び名が変わるけれど
人は総じて“温泉”と呼ぶが、
その差は相当にある。

まず “源泉掛け流し”と
”源泉100%掛け流し” を
同じと思っている方
・・・・・まったく違いうのだ。

なんと“温泉”とは、
塩素だらけの水道水の加熱した浴場の浴槽に
源泉が一滴でも入っていれば
“温泉”と呼んでもヨロシイのが事実
・・・・・オトナって汚い。
そして“源泉”を使用し、
浴槽からお湯があふれ流れている浴場を
“源泉掛け流し”と言いう。

ここからが大きな違い。
源泉は地下から噴出するもので
当然温度が高かったり、低かったり、
湯量が少なかったりと様々だ。
当然、源泉が高ければ
“水”で薄めて温度を下げ、
源泉が低ければ
ボイラー等を使って“加温”する。
また湯量が少なければ
“水”を加え更に
“加温”そして“循環”をする。

世の中のほとんどの“源泉掛け流し”
といっている温泉は実はこの方法なのだ。
(せっかくの源泉成分を
殆ど薄めて変えているという事!
また、源泉は地上に湧き出てから
どんどん酸化され、
泉質成分そのものが変化するので
“加温”はそれを更に加速さる!

さて、おまちかね“源泉100%掛け流し”。
源泉に一切“加水”や“加温”していない、
源泉の純度“100%”
すべてが浴場に注ぎ込まれ
“循環(再利用)”
を全く行っていないのが、
“源泉100%掛け流し”なのだ。

この方式は、湯量が豊富で、
かつ温度が適温状態にしないとできない、
全国でも数少ない“本物の温泉”なのだ。

“温泉” ”天然温泉” ”源泉掛け流し”
などと書かれていても、
”源泉掛け流し100%”
とは別モノなのだ。
やっぱりオトナって汚い。
なんども言うが、
源泉を”加水”すれば泉質成分が薄まり、
源泉を”加温”すれば泉質成分が変化する。
まして”循環”は衛生上、
浴場のお湯を回しているので
”髪の毛””皮膚の垢” 等を
フィルターで濾過し、
殺菌のために“塩素”を注入し
再度浴場へお湯を注いでいる(再利用)
温泉なのに「塩素臭い」
というのはこの為だ。
フィルターや塩素殺菌によって
一回の循環で源泉の成分が十分の一程度になり、
ちょっと辛口だが、
家庭のお風呂で”入浴剤”を入れ
入浴したほうがマシだと専門家は言う。
循環は資源の再利用という点では悪い事と言えないが、
せっかくの温泉!
・・・・・アナタどう判断する?

さて、そんなネガティブな情報ばかりではない。
そんな事を聞いてしまったら、
どうせお金を払ってお出かけするならば
“源泉掛け流し100%”がいいに決まっている。
有り難いことに
全国のそんな貴重な温泉宿は
ネットワークを組んでいるのだ。
その名は“日本秘湯の会”と
“日本源泉湯宿を守る会“だ。
当然に食事は地産地消の素晴らしい料理を提供する。
このシリーズの旅館に5軒ほど訪れたけれど、
どこも共通して言えることが、
華美ではない、
過剰サービスはない、
そしてお掃除が行き届いている事。
そしてそんな温泉宿が提供する食事は抜群ですよ。
地産地消の厳選素材をよりすぐり作られた食事。

 

 

まずは最高の”泉質“を求めて出かけましょ。

 

 

下記のネットワークは
正直な素晴らしい宿が紹介されています。

そして、ここのポイントシステムも相当に楽しい。
スタンプラリーで10個のスタンプが貯まると
好きな一軒に無料で泊まれる仕組み。

燃えます!

 

日本秘湯の会

https://www.hitou.or.jp

 

 

 

純粋な“源泉掛け流し100%”の宿

 

http://www.gensenyuyado.com