「シンガポール」タグアーカイブ

シンガポールの飲茶、円卓は人を幸せにするのだ。

やはり華僑の世界では中華料理がお約束。そしてランチのホームラン王はやはり飲茶でしょ。家族的平和会食、親密的友好関係、熱愛人間関係促進的、良好実務的通商関係、国際的交流国交正常化促進会食は全て楽しい食事からなせる業と万国共通意見だ。さて早々にシンガポール中華街の人気店で”飲茶レストラン”というとてもわかりやすい名前の人気店に乱入。

シンガポールの飲茶、円卓は人を幸せにするのだ。

しかしさすがに多国籍な人間が住むシンガポールだけあって各国の人間で盛り上がっている。ここは、まるで日本の紅虎餃子坊に共通する気の効いたサービスも垣間見られてウレシイ限りだ。しかしこんなアジアを旅しているときに時に読み書きが日本語でよかったと思うことがある。意外にも中国人には漢字での筆談が通じるのだ。美味しいレストランを探す、またレストランで発注の際の漢字が大変役に立つ。我望新鮮青野菜炒他栄養満天的食事(新鮮で栄養満点な野菜の食事を食べたい!)、我希望食飲茶点心的美味小盆(美味しい飲茶や点心など少量のモノを食べたい!)、我望海老点心韮餃子餡子饅頭願(えびシュウマイとニラ餃子、あんこのマンジュウが食べたいです。)我指示願安価評判上々飲茶食堂何処?(安くて美味しい飲茶レストランは何処ですかぁ!?)  満腹極上気分便所何処指示願(お腹一杯で幸せ、さてトイレは何処ですか!?) 食後甘菓子貴店有名人気商品推薦依頼(デザートなど甘いものでこの店の人気の品を教えてください) 我々低予算昼飯切希望格安良心的美味店舗推薦願(金が無いので安くて美味しい店を教えてください。)・・・・・結構、こんな筆談で通じてしまうのです。(たぶん) そう、国際交流は意思の疎通が出来る事が大切だ。

シンガポールの飲茶、円卓は人を幸せにするのだ。

話しは戻ってシンガポールも中華街はとても盛り上がっている。様々な店がひしめきあっているが今回の挑戦は名前がそのままで”飲茶レストラン”飲茶点心メニューだけでも100種類、ワゴンでくるくる店内を回っているから指差しオーダーでオッケー。テーブルの伝票に食べた値段と個数を伝票に係員が記入していくスタイルだ。マンゴープリン他中華デザートも充実だ。この店で気に入ったのが客が店員を呼ぶ為にある新兵器。”店員呼び出しサービス要求マシーン” テーブルの上のメニューに付帯するボタン(オーダー、水、支払い、サービス、キャンセル)という望むボタンを押すと速やかに対応という親切なサービスだ。この気の効き方は日本的でしょ。巨大な店舗なので大声で店員を呼ぶ必要も無く対応してくれてストレスが無かったし何かと店の人を呼べて良かったが、ボクたちのテーブルの”店員呼び出しサービス要求マシーン”は早々に引き上げられてしまったのは残念だった。(あまりに面白がり呼びすぎでイヤがられた・・)ということシンガポールを楽しくする飲茶はランチのホームラン王です。

シンガポールの飲茶、円卓は人を幸せにするのだ。

  • Yum Cha restaurant (飲茶レストラン) #02-01 20 Trengganu St .
  • 電話 6372-1717 休日は無し。 営業時間 8;00~23:00
  • 炒飯類、野菜類も美味かった。 値段は一人1000円程度。安い!!

誰が決めたかシンガポールで1番!!! これは挑戦ですよ! ホーカーズのチキンライス。

シンガポールでの数日目、もう旅は終盤戦で”明るい食事計画”は無事に遂行して平和な気分だった。食いたいものは食ったという小さな満足感をブチ壊す一枚のメモがぁ!! 旧友ミスターK氏からの情報だった。(当然、このミスターKの情報はハズレが無い事で情報信用率は5A―1を獲得。)彼はシンガポールで1番のチキンライスを食ったかとの挑戦的問いかけだった。あのねぇ、ちょっと言葉選んでもらえないかなぁ!!だいたい、シンガポール中のチキンライス食ったことがあるわけ!!??なにを基準にシンガポール1番と決めるわけよ。(とは口には出さなかったが・・・・この言葉は正直、聞き捨てならないのだ。)

誰が決めたかシンガポールで1番!!! これは挑戦ですよ! ホーカーズのチキンライス。

約10数年前にシンガポールに初めて来たときに、普段は絶対にそのまま信用なんかしない某”H”グルメ冊子の特集で”誰しもが認めるシンガポールナンバーワンのインド料理の店”という紹介があり、そこまで言うなばと友人8人で乱入しトライ。これは正真正銘の素晴らしい店で二日連続でメニュー全品食い倒して大満足という経験があったのだ。(この店のエピソードはいまだに語り継がれている笑い話だ。)その極ウマのインド料理店”オマールカヤム”は何故か無くなってしまった。いったい何処に行ったのかナァ。主人は大男でゲイだったから恋の道に走ったかぁ・・・誰か知っていたら教えて欲しい。国際指名手配店に認定しておこう。

誰が決めたかシンガポールで1番!!! これは挑戦ですよ! ホーカーズのチキンライス。

ということで情報に基づいてダウンタウンはマクスウェルフードセンターというホーカーズに向かう。(このホーカーズというのは地元庶民が愛する屋台村。かつて屋台を引いていたホーカーズと呼ばれる行商人達が政府の方針で交通や衛生面から一ヶ所に集められたのが始まり。街のいたるところに在る。)シンガポールは多くの女性が仕事を持つので外食率が高く、また多民族国家なので様々な種類の料理の屋台がでている。中華系に限らずインドのカレー店、中華お粥、タイ料理、マレー料理、飲茶系、様々な麺類など、迷いに迷うであろう。オレなんか何から何まで試しに食いたくて気が狂いそうになったゾォ。しかし迷わずK氏推薦の”天天海南鶏飯”(テンテンハイナンチキンライス)に直行!しかしそこには衝撃的事実がぁ!・・・祭日で休業していた。トホホホホォ・・・しかしメゲる事無く他店を散策。席を決めてから、まず長蛇の列を目指して興味と食欲がわく店のお奨め品全制覇を志した。最初の”興興鶏飯”のチキンライス、なかなかイケル!。

誰が決めたかシンガポールで1番!!! これは挑戦ですよ! ホーカーズのチキンライス。

店名と売り物が同じ”黒胡椒又焼麺”は抜群の食感な麺と濃厚なスープ、そして主役のチャーシューが絶品、その後、大人気だった”東風發(ハイナニーズ ボンレスチキンライス)”のチキンライスを食った。なにせ指先確認発注が基本だが長い列に並んでいるオジサンに質問したら親切に入門的セット(チキンライス、骨なし蒸鶏、スープのセットで2,5ドル、円換算で約175円)を注文してくれて食ったが衝撃的に美味かった。生姜タレ、ブラックソースが絶妙。(沢山のマスコミに取り上げられている名店らしかった。)うぅーん!恐るべしシンガポールの屋台村。しかし”天天海南鶏飯”を食わずしてチキンライスを語ってはいけないと思う。あぁ人生に宿題が残ってしまった。

誰が決めたかシンガポールで1番!!! これは挑戦ですよ! ホーカーズのチキンライス。

シンガポールなんてもうこの先十年位は来ないかナァなんて思っていたが・・・・・K氏、次回の情報は早めに頼む!今、後ろ髪を引かれながら帰りの機内で”天天海南鶏飯”のチキンライスを想っている。

  • シンガポール マクルウェルフードセンター(ホーカーズ) Maxwell Rd. 中華街から程近く。
  • 100店以上の店がひしめく。中華系のうるさい客に鍛えられ名店が多いそうだ。地下鉄タンジョン・バーガーから徒歩8分。

《リーダーシップセミナーシンガポール初日》

2班の連絡が取れた人々と夕飯。 ラッフルズホテル近くのタイ料理を食った。めちゃウマだった。そして生まれて 初めてフルーツの帝王”ドリアン”を食ったがウワサ以上の臭さにぶっ飛んだ。し かし食うと病み付きになるらしい。まだ、食べたくならないけどなぁ・・・・。 とにかくドリアン話は5年くらい語れる衝撃だった。

《リーダーシップセミナーシンガポール初日》

シンガポールのリーダーシップセミナー!わぉ!!

2013年2月17日(21日まで) 毎年恒例のリーダーシップセミナーだが、今年はシンガポールのマリーナベイ・サンズ ホテルで開催された。 普通、開催地は場所の名前だがココは別!このホテルに泊まりに行く事、事態が旅の目的な程に充実のホテルなのだ。

シンガポールのリーダーシップセミナー!わぉ!!

ソフトバンクのSMAPが出てくるコマーシャルで有名になったけど、ガウディーのサクラダファミリア同様に、ナゼこんなモノを作ろうと思ったのか5日間ステイしたけど理解不能だった。 まずは言葉で書きます。三棟の57階建ての巨大ビルディング。そこはホテルで部屋数は全部で2500室。その3本の別の建物の上にはインド料理のナンを引き延ばしたみたいな雲状の巨大な庭園が乗っている・・・わかります!?

シンガポールのリーダーシップセミナー!わぉ!!

屋上にはプール(セコいプールではなくて50から70メートル位)そして生い茂る木々。クラブにバーにレストラン、広場も乗っている・・・わかります!? 地上階のまわりには見た事も無い程に広大なショッピングセンター、そしてコンベンションセンターがあり、ありとあらゆるブランドの店が点在。ちなみにルイヴィトンは世界一巨大なブティックをココに建設。そしてカジノもある。裏側にはゴルフ場にもなりそうな庭園に植物園・・・もうここだけで立派な街になっているんです。

シンガポールのリーダーシップセミナー!わぉ!!

でもココはシンガポールの港の上の埋め立て地に作られた施設なんです。ホテルのまわりにはかつて泊まった事のあるシャングリラホテルとかペニンシュラホテルなどがあるんですが、まぁ地味に見える事。小さく見える事。とにかくマリーナベイサンズはスゴイですよ。ハッキリ言って、ココに泊まりに行く価値あります。好きか嫌いか言われたらそんなに大好きなホテルではないけど、人間ってこんなモノも想像して作ってしまうんだなぁと、別の意味で感無量。

シンガポールのリーダーシップセミナー!わぉ!!

さてセミナーは本当に楽しかった。大昔から最近までの沢山の友達と会えてヤァヤァ言って盛り上がり。全国から同じ温度の友達が集まるから楽しさ倍増。ちなみに参加者は約2500人。この5日間は皆で集まって食事をしたり、ゆっくり飲んだり、バカ話をしたり、あまりに部屋が快適で引き込もりもしたりして~~とにかく楽しかった。 こんな旅行を毎年用意してくれる仕事って最高です。自分で行きたかった場所に行くのも良いけど、行く予定の無かった場所に行かれるのも意外性があって楽しいでしょ!?

シンガポールのリーダーシップセミナー!わぉ!!

LCC(ローコストキャリヤ/格安航空券)が出てきて益々、世界は小さくなります。もっと世界を見て感じてたら視野が思いっきり変わると思いませんか!? そんな時代なんです。最後ですけど最初にシンガポールに行ったのが約20年前、それから5年ごとに行ってるけど、ビックリする程の発展を遂げています。街中が希望に満ちているんですよ。そんな事を感じただけでも行って良かったと痛感してます。

シンガポールのリーダーシップセミナー!わぉ!!

次回のLSは地中海。そして翌年はラスベガス・・・楽しみだなぁ!!

“やぁやぁ元気!!”のシンガポールの日々。 さて地球儀を眺めて遊び場を選ぼう。

5月20日(金)≪ ホーチミン3日目、今日はシンガポールへの移動日≫ 朝はガッツリとジムで発汗した。外国のレベルの高いホテルのジムは朝早くから(場所によっては24時間)盛り上がっている。というかテンションが日本のホテルにあるジムの一応あります的なモノに較べてヤル気度満々なのだ。朝から来ている連中は”仕事出来そう!モード”な人間多数。インテリ層はどこでも健康管理と肥満防止には余念がないのだ。その空気を吸う事はとても良い。一時間半の発汗の後、部屋に戻り一階のダイニングで皆でベトナム的朝食をして荷物の準備をして空港に向かった。最近は佐藤富雄ドクターの講演を聞いて以来朝食抜きな生活だったが、ここの朝食ブュッフェを見ていると我慢が出来ない。チキンコンジー(鶏粥)が美味いのよ! その後、迎えの車に乗ってエアポートまで。そして一路、シンガポールまで二時間強のフライトで到着した。今回はリーダーシップセミナーということでグループからも沢山の参加者があり普段、会えない人とも沢山話せて楽しい時間なのだ。考えてみると一日中”やぁやぁ元気!!”と誰かに言っているのだ。ボクにとってシンガポールは全く行きたくない海外旅行一位に輝く場所なので、皆の顔を見られるのが唯一の楽しみだ。(すみません、清潔すぎて居心地が悪いのです。でも今回で相当に好きになりました。期待しないのがいいのかもねぇ。)空港からはタクシーで今回の宿泊地であるラッフルズ・ホテルにチェックインした。

"やぁやぁ元気!!"のシンガポールの日々。 さて地球儀を眺めて遊び場を選ぼう。

ここ “ラッフルズ・ホテル”は数々の映画、小説の舞台になった名門ホテル。アメリカ大統領も世界のVIPはここに泊まるのだ。正面玄関前の停まっているクルマも半端じゃない。フェラーリ(通常の1500万円程度のモノが税金の関係で5000万円位する。従ってクルマのステータスは半端じゃない。)部屋には専任バトラー(執事)がいて何でもしてくれる。”御用事ボタン”を押すと24時間、即刻に飛んでくる!サービスでビックリしたのは読みかけの本をベッドに置いていたら、そのページに皮製のオリジナルなシオリが差してあった。オシャレこの上なし。 そして、そのバトラーのご挨拶を聞いてから外出した。何人かとの約束まで時間があったのでオーチャード方面に散策。別段興味ある店は見当たらない。ブランド品も興味がわかない上に値段も日本の方が安くすら感じる。夕飯は一応20時にラッフルズのロビーで待ち合わせていたので第2班で来ていて連絡が取れていた大熊夫妻、宇津木夫妻、桂夫妻、石井夫妻と波田家でホテル裏のタイ・レストランで食事をした。これが相当に美味しかったし平和な時間だった。また最後に食べた”ドリアン”がものすごい臭いで盛り上がった。ウワサには聞いていたがなんと臭い食べ物なのであろうか。この臭いをなんと形容しようか迷った”夏に三日経ってしまったバケツの中の生ゴミの臭い”という表現が正しいかなぁ。しかし食うほどに病み付きになるらしい。(本当かよ!)

"やぁやぁ元気!!"のシンガポールの日々。 さて地球儀を眺めて遊び場を選ぼう。

その後、超有名なラッフルズホテルのバー”ロングバー”で飲んだ。名物のシンガポールスリングを注文。しかし大量に作り置きしてポットから注がれたシンガポールスリングは興ざめの一言だったなぁ。そんな細かいこと言ってないで盛り上がりたいところだが、今日は皆は長旅の疲れが出ているみたいで辛そうで会話にシャープさが無いので早々に退散した。これから三日間は楽しい再会が楽しみだ。”やぁやぁ元気!!・・・・”

翌日のウエルカムパーティー、フリーチョイスのナイトサファリ、グランドバンケットのドゥービーブラザースなど感動が沢山あったぞ。 ボク的な旅は招待旅行ならナオサラに何処かに寄りたくなる。せっかく行くのだから・・・という貧乏根性が染み付いているのだ。今回のホーチミンは正解。次回のLSは香港。従って何処に寄ろうか今から画策している。ベトナムでも北のサイゴン、アンコールワットがあるカンボジア、また北京とか・・・・聞くところによると雲南省が素晴らしく美味な世界で最高らしい。旅への欲求は止まる事を知らない。地球儀を眺めて遊び場を選ぼう。